朝のおはなし

[2017/09/26]「花さき山」

「花さき山」

 今月最後の全校朝礼は本の紹介です。今回紹介して下さった本は『花さき山』(作:齋藤隆介 出典:岩崎書店)。島野先生はこのお話を読み聞かせてくださいました。このお話は、人のことを想って辛抱したやさしさやけなげさが花になって山一面に咲き誇るお話です。子どもたちは、しんと静まり話に聞き入っていました。

 1年生のある女の子は、主人公である「あやのようになりたい」と言っていました。お話をまっすぐに受け止めた子どもの素直な気持ちです。

 2年生では、この『花さき山』にちなんで、良いことをすると教室にお花がひとつ咲くという活動をしているそうです。みんなでたくさんの花を咲かせようと協力してがんばっているそうです。きっとこれからさらにたくさんのきれいな花が教室に咲き誇ることでしょう。そして、学校全体も花咲き山のように花いっぱいになるにちがいありません。

「花さき山」
「花さき山」