人を活かし社会を変革する。 文教大学 経営学部(湘南キャンパス):3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

経営学部 3つの方針

経営学部3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経営学部は、「人を活かす」人間尊重の経営を実践する自立型の人間を育成します。他者をリスペクトしつつ目的を遂行する確かな力を修得させます。

修得させる能力

  1. 問題解決に向け互いに尊重しながら学び合い、協力しあう関係を構築する力      
  2. 社会の一員として生きるための就業力 
  3. 「人間尊重の経営」を実践するための教養力
  4. 経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を多面的に応用できる力
  5. 組織の考え方や人材の戦略的な活用を理解し、主体的に考え行動できる力
  6. 経営活動で生じる情報を科学的手法により解決する能力
  7. 組織の一員として新たな価値を創造・提案する力

達成水準

次の水準を達成目標とします。

  1. 社会のより良き一員として生きるための基礎能力を有し、社会に貢献する総合的な人間力・就業力を持ち、主体的に考え行動できること。
  2. 企業や公共組織の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を多面的に 理解できる知識やスキルを持つこと。
  3. 企業や公共組織 の経営で出現する様々な情報を、科学的な手法により 分析できること。
  4. 「人間尊重」の理念を持ち、人間を深く理解し他者を成長させ活かせること。

その他

経営に関する理解を基礎に、高校教諭1種免許(商業)を取得することができます。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

グローバル化の進む経済のなかで、人間尊重の経営を理解し、よりよい社会の実現に向けて、それを実践するための教育課程を設けています。社会のより良き一員としての基礎能力を身につける基礎形成、社会に貢献できる専門的能力を修得するキャリア形成の2つにカリキュラムは大別されています。キャリア形成では、企業経営、公共経営、そして会計の3領域を用意しています。

基礎形成

基礎形成を実現するために、共通教育科目、基礎演習科目、専門必修科目が置かれています。とくに学生と教員、学生と学生のインタラクションを通じた学びが広く展開されます。基礎形成のねらいは以下のとおりです。

  1. 人間尊重を体系的に学ぶための高い教養を身につける。
  2. 相互に学び扶助することで、人間性や能力が互いに高まることを理解する。
  3. 社会に貢献するために必要な人間力と就業力を修得する。
  4. 経営活動を理解する上で求められる基礎的な知識や考え方を学習する。

キャリア形成

キャリア形成を実現するために、上記の3領域と関連分野について専門科目が置かれています。とくにゼミナールⅠ・Ⅱは効果的に専門的能力を高めることを企図しています。その他にも、課題解決力を高めるための演習科目を数多く設定しています。キャリア形成のねらいは以下のとおりです。

  1. 経営モデルを経営資源の活用の面から把握するとともに、新たなモデルを提案する力を修得する。
  2. 経営活動の分析に必要な科学的手法を修得し、その活用力を身につける。
  3. 組織の一員として現実の課題を解決し、新たな価値を創造する力を修得する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

経営学部は、文教大学の「人間愛」の理念の下で、社会のより良き一員として生きていくための基礎能力を着実に修養し、そのうえで、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を多面的に理解できる知識、経営で出現する情報を的確に扱う科学的な技術、そして人を活かす考え方と手法を総合的に活用する「人間尊重の経営」を実践できる人材の育成を目指しています。
本学部は、このことに共鳴し人と学びあい成長する意欲を持った人を求めます。

 

学んできてほしい内容

  1. 高校までに身につけるべき基本的な学習姿勢
  2. 論理的な思考力
  3. 円滑なコミュニケーション能力
  4. 社会の事柄について問題意識を持つための幅広い知識・教養
問い合わせ