フードセラピーという発想へ。 文教大学 健康栄養学部(湘南キャンパス):3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

健康栄養学部 3つの方針

健康栄養学部3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

健康栄養学部は、健康を保つための手段として「栄養」をとりあげ、栄養的手段がどの様に健康に役立つかを教育・研究します。また管理栄養士業務が人を対象とした業務であることを理解し、心理学的スキルを含めた健康および栄養についての理論的、実践的専門知識・技能を身に付け、学科の教育課程に定める単位を修め、次の資質能力を備えた学生に卒業を認定し、学士の学位を授与します。

  1. 疾病の予防、早期発見、回復の各観点から、専門領域の高度化に対応できる管理栄養士としての能力
  2. 対象者の心理状態を把握し、適切に対応する知識・技術・コミュニケーション力を持った「ココロの面からも対応できる管理栄養士」としての能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

健康栄養学部は、学位授与方針に定める人材育成の目標を達成するため、次の方針でカリキュラムを編成します。

  1. 基礎的分野から専門領域までを連携させた体系的な科目配置を行う。
  2. 講義・演習・実験・実習・実技の5つの授業形態を組み合わせて授業を展開する。
  3. 初年次教育として、管理栄養士に求められる知識・技能の前提となる基礎的素養(栄養・食品・献立・健康管理の基礎知識)および社会人の基本的姿勢・態度を修得するための科目を置く。
  4. 「ココロの面からも対応できる管理栄養士」の養成を目指し、専門教育科目として心理系と代替医療系から構成された「ココロを育む科目」を設定する。
  5. グループで主体的に取り組む課題を多く設定し、管理栄養士に求められる問題解決力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力を身につけさせる。
  6. 上位学年にゼミナール科目を設定し、様々なテーマについて学生が主体的に調査・分析・研究できる環境を用意する。
  7. 卒業後の職域に合わせた「栄養教諭コース」「健康栄養コース」「臨床栄養コース」の3コースを設ける。3年次からコースに分け、職能教育を強化することにより管理栄養士としての将来像を在学中から具体的に描き、職能人として自信と希望を持って卒業することができるようにする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

健康栄養学部では、次のようは学生の入学を期待しています。

  1. 本学の健康栄養学部の特色である、「予防医学を重視した管理栄養士養成」と「ココロの面からも対応できる管理栄養士の養成」を理解し、将来、食と健康のプロフェッショナルとなることを希望する人
  2. 探究心旺盛で、食と健康に関する問題に興味を持っている人
  3. 強い責任感と使命感を持っている人、学問に対しつねに真摯な態度で取り組む人、協調性に富み、周囲からの信望が厚い人

学んできてほしい内容

理科(化学と生物)と家庭科を十分に習得していることを望みます。特に化学(有機化学)に関する基礎学力が十分に習得できていることが大切です。
(入学後、化学(有機化学)に関する基礎学力を能力別に補う初年次教育を実施しています。)

問い合わせ