文教大学大学院 人間科学研究科 :3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

大学院 人間科学研究科 3つの方針

人間科学研究科3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

修得させるべき能力

人間科学を構成する諸学問の知見を踏まえ、人間の心理と社会に関する総合的な理解及び学術性や実践性を備えた研究等を通じて、心のメカニズムや人間性などに関する幅広い見識と高度の専門的能力

    [臨床心理学専攻博士後期課程]
  • 臨床心理学領域における自立した研究者としての能力及び高度専門職業人として心理臨床家の指導ができる能力
  • [臨床心理学専攻修士課程]
  • 心理学及び臨床心理学の知見と臨床体験を背景に修得する高い臨床技能
  • 心理臨床を踏まえた研究能力
  • [人間科学専攻修士課程]
  • 心理学、社会学、教育学及び社会福祉学などの総合に立った人間科学に関する学際的・総合的知見を基礎に研究及び実践に裏付けられた人間と社会に関する幅広い見識と、高い専門性に基づく課題解決能力

その達成水準

本研究科の定める履修規程に沿い、学生それぞれの専門領域にかかわる高度な知見や技能を有するとともに、人間科学の観点である学際性・総合性の視点によって対象を捉えることができる。

    [臨床心理学専攻博士後期課程]
  • 修得した臨床心理学に関する研究能力及び心理臨床の指導能力を生かし、国内外の研究機関や、臨床施設等で求められる役割を遂行することができる。
  • [臨床心理学専攻修士課程]
  • 修得した知見及び技能に基づき、心理的・社会的適応の援助、家族関係の援助などを豊かな人間性を備えた自立した心理臨床家として実践できる。
  • 理論と実践を統合し、それを研究論文としてまとめ、機関誌に投稿したり学会等で発表したりできる。
  • [人間科学専攻修士課程]
  • 心身の健康維持・増進の援助、家族関係の援助、社会福祉的援助、地域活動や生涯学習の援助などを実践できる高い専門性を備える。
  • 学問的な知識、実践活動、研究の3領域を総合的に遂行できる能力。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の体系及び特徴

[臨床心理学専攻博士後期課程]
臨床心理学領域における自立した研究者としてまた、心理臨床家の指導のできる高度専門職業人を養成するために以下の方針でカリキュラムを編成する。

  • 臨床心理学の研究法に基づき、その成果を学会で公表し、論文として発表できる能力を養成できる必修科目の配置。
  • 心理臨床実践活動を事例研究論文として作成する能力を養成する必修科目の配置。
  • 臨床心理学研究および心理臨床実践を倫理的配慮のもとで統合的に進めていく能力を養成するための基礎研究領域科目及び実践研究領域科目の配置。

[臨床心理学専攻修士課程]
(公認心理師や)臨床心理士試験に合格し心理臨床家として活躍できる有能な人材を養成するために以下の方針でカリキュラムを編成している。

  • さまざまな立場の臨床心理学理論およびさまざまな領域(発達、学校、家族、医療、司法,産業、福祉等)の臨床心理学について学べるように多様な特論科目を配置する。
  • 臨床実践の能力を高めるために実習及びそのスーパービジョンや指導を重視する。
  • 将来の臨床心理の実践者としての一人一人の学生のいっそう豊かな人間性づくりを促すように教員は各授業内で配慮する。
  • 教員は人間科学の学際性及び総合性に立つ授業運営を心がける。

[人間科学専攻修士課程]
人間科学の観点である学際性及び総合性を身につけ、さらに人間科学の主な方法(量的方法・質的方法)を修得し、それらを背景にそれぞれの専門性・実践性を深め、修士課程修了後、人間科学に基づく広い視野及び、高い専門性と実践的能力を持った人材を養成するために以下の方針でカリキュラムを編成している。

  • 人間科学を理解及び実践するため、さらには修士論文作成のための研究方法を理解するための科目を必修科目及び選択必修科目として配置する。
  • 知識や思考を深めるための特論科目に加え、諸課題解決を可能にする実践的な体験を促す演習科目を可能な限り対応配置する。
  • 特論科目であっても、学生と教員あるいは学生同士の意見交換を積極的に行い、学生の論理的考察能力や討論能力を高める。
  • 心理学、社会学、教育学及び社会福祉学に関する科目を選択科目としてバランスよく配置し、それぞれの専門に関わる科目だけでなく、人間科学として関わる科目を柔軟に履修できるようにする。

研究指導方針

[臨床心理学専攻博士後期課程]

  • 入学当初に学生は、研究指導担当教授の中から、研究指導教員を選択する。
  • 研究指導は教員と学生の対話を中心に進められる。また各年度はじめに教員は指導計画を提示する。
  • 1年次には、研究指導教員の助言をもとに上記の必修科目および選択科目を履修する。学位論文作成のために、必要に応じて調査研究や実験研究を行う。
  • 2年次後半に中間審査を行う。同時に、臨床心理学領域の論文を査読により掲載する学術雑誌に投稿し、受理されることが求められる。中間審査において認められると論文草稿の提出となる。
  • 3年次には、心理臨床的な活動を続けつつ、中間審査並びに草稿審査において指摘された事項に対して慎重に取り組み、博士論文を完成させる指定された期日に提出された論文について、口述試験が行われる。

[臨床心理学専攻修士課程]

  • 入学当初に学生は、研究指導担当教授の中から、研究指導教員を選択する。
  • 研究指導は教員と学生の対話を中心に進められる。また各年度はじめに教員は指導計画を提示する。
  • ゼミは1人の教員につき各学年3人以内の少人数制で、教員ごとに時間を設定し指導が行われる。指導教員の指導の下、研究は院生自らが主体的に計画・立案して進める。必要に応じ他の教員からの助言も受けられる。専攻全体で院生の研究活動を支援する体制が取られている。
  • なお、1年次10月及び2年次6月に開催される中間報告会でそれぞれ研究の進展状況を報告する。この場では指導教員以外の教員や他の学生との質疑や議論が行われ、研究の一層の充実が図られる。

[人間科学専攻修士課程]

  • 入学当初に学生は、研究指導担当教授の中から、研究テーマに基づき研究指導教員を選択する。
  • 研究指導は教員と学生の対話を中心に進められる。また各年度はじめに教員は指導計画を提示する。研究指導は、指導教員があらかじめ定めた時間に、研究内容に関して、個別及びゼミ形式で行う。
  • また、1年次10月及び2年次6月にそれぞれ研究の進展状況を報告する中間報告での報告が義務づけられる。この場では指導教員以外の教員や他の学生との質疑や議論が行われ、研究の一層の充実が図られる。
  • この他、必要に応じ他の教員からの助言を受けることも可能な体制となっている。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

個々の専門性を追求するだけでなく、人間科学の学際性・総合性の視点を背景に問題を見極め、学修及び研究を進め、それらによって形成される課題解決に関する高い能力を社会に役立てようとする意欲のある人。

[臨床心理学専攻博士課程]

  • 臨床心理学領域を専門とする研究者を目指すと同時に心理臨床家の指導者として高い能力を備えたい意志を持つ人。

[臨床心理学専攻修士課程]

  • 心理学及び臨床心理学の知識や技法を学び、将来、それを生かし心理臨床家として社会に貢献したい意欲を持つ人。
  • 臨床心理学領域の研究を行う意欲のある人。

[人間科学専攻修士課程]

  • 心理学、社会学、教育学及び社会福祉学などを専門としながらも、人間科学の視点である学際性・総合性を踏まえた学修,実践及び研究を行い、高い課題解決能力を身につけ、将来、それを社会に役立てたいという意欲のある人。
問い合わせ