文教大学大学院 人間科学研究科 :3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

大学院 人間科学研究科 3つの方針

人間科学研究科3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人間科学研究科では、教育研究上の目的を踏まえ、以下の能力を身につけ、さらに各専攻の各課程に示された能力を身につけ、定められた課程を修了し、学位論文の審査に合格した者に修士または博士の学位を授与します。

修士課程

  1. それぞれの専門領域における高度な知見、技能あるいは技法を修得し、それらをそれぞれが関与する社会的場面に適用し役立てることができる。
  2. 修得した知見、技能あるいは技法を生かし諸問題に取り組むにあたり、それぞれの専門の視点と共に、人間科学の諸領域の知見や人間科学の視点である学際性・総合性を踏まえることができる。
  3. 「誰一人として取り残さない社会」の実現に向け、人間愛を基盤にした豊かな人間性と、それぞれの専門性と人間科学の学際性・総合性を生かし、さまざまな人々と協働し社会に貢献ができる。

博士後期課程

  1. それぞれの専門領域にかかわる高度な知見や技能を有するとともに、人間科学の観点である学際性・総合性の視点によって対象を捉えることができる。
  2. 人間科学を構成する諸学問の知見や方法を踏まえ、自らの専門性によって課題解決に取り組むことや、人間の心理と社会に関する総合的な理解及び学術性や実践性を備えた独創的な研究を行うことができる。
  3. 理論と実践を統合し、それを研究論文としてまとめ、機関誌に投稿したり学会等で発表したりできる。
  4. 「誰一人として取り残さない社会」の実現に向け、人間愛を基盤にした豊かな人間性を持ち、高度な専門性と人間科学の視点を組み合わせ、さまざまな人々と協働し社会に貢献できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

人間科学研究科では、次のような教育方針にそって教育課程を編成しています。

修士課程

  1. 講義科目、演習科目及び実習科目(人間科学専攻にあっては、講義及び演習科目内で配慮)によってそれぞれの専攻の目的を達成する。
  2. それぞれの専攻では、修士論文への結実と、高い専門性及び多様な視点を持ち課題に取り組むことのできる職業人を養成するために、広汎な知見、研究方法や、実践技法(臨床心理学専攻)が身につくように教育課程を編成する。
  3. 人間科学の学際性・総合性を考える科目設置を行う。あるいは、授業内で教員がそれらを積極的に伝える授業展開を図る。
  4. 教員は知識と実践とを結びつけることを意識し授業を進める。
  5. 授業と研究指導は、学生と教員との対話を重視し進められる。
  6. 偏見や差別を廃し、人間の多様性を尊重することを学生に伝える姿勢によって授業や研究指導を進める。
  7. 偏見や差別を廃止し、多様性を尊重し、「誰一人として取り残さない社会」の実現に向けて貢献できる人材を育てる。
  8. 多様性社会において共生を模索できる人材と、対話を通した問題解決能力を身に着けた人材を育成する。

博士後期課程

  1. 当該専門領域において優れた博士論文を作成し、さらには自立した研究者及び指導者を養成するために、講義科目と演習科目及び研究指導とが有機的に結びつくように教育課程を編成する。
  2. 研究指導及び授業は、学生と教員との対話によって進められる。
  3. 偏見や差別を廃し他者尊重を重視することを学生に伝える姿勢によって授業や研究指導を進める。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

個々の専門性を追求するだけでなく、人間科学の学際性・総合性の視点を背景に問題を見極め、学修及び研究を進め、それらによって形成される課題解決に関する高い能力を社会に役立てようとする意欲のある人。

[臨床心理学専攻博士課程]

  • 臨床心理学領域を専門とする研究者を目指すと同時に心理臨床家の指導者として高い能力を備えたい意志を持つ人。

[臨床心理学専攻修士課程]

  • 心理学及び臨床心理学の知識や技法を学び、将来、それを生かし心理臨床家として社会に貢献したい意欲を持つ人。
  • 臨床心理学領域の研究を行う意欲のある人。

[人間科学専攻修士課程]

  • 心理学、社会学、教育学及び社会福祉学などを専門としながらも、人間科学の視点である学際性・総合性を踏まえた学修,実践及び研究を行い、高い課題解決能力を身につけ、将来、それを社会に役立てたいという意欲のある人。
問い合わせ