文教大学大学院 国際学研究科(湘南キャンパス):3つの方針

文教大学

学部・大学院等案内

大学院 国際学研究科 3つの方針

国際学研究科3つの方針 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

修得させるべき能力

”Think globally, act locally”を実践するための、グローバリゼーション理解にかかる高度な知識(国際社会への多様な見方や交流のあり方)と3つの研究領域に対応した思考力、判断力、スキルなどの実践力。
具体的には、デベロップメントスタディーズでは、発展にかかる広い視野とグローバリゼーションがもたらす影響へのマクロ、ミクロ双方からの分析力や判断力、市民社会・地域デザイン研究では、市民社会理解に基づく公共政策領域での企画力や思考力、ツーリズム研究では観光にかかる知識に加えて、ツーリズムを地域振興や文化政策に融合させて展開できる企画力。

その達成水準

  • 履修規程の沿った専門知識やスキルの修得
  • 研究目標の設定やその着眼力、分析の進め方、結論の導き方やそのインプリケーションなど研究者としての基礎的素養
  • 国際社会への多様な見方や交流のあり方にかかる高い見識と、自らの場においてそれを活用できる専門的職業人としての能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の体系及び特徴

  • 学際領域の研究科として、また高度専門的職業人養成という目的に対応して、複数の科目を通して体系的に履修するコースワークを充実して相互に関連する分野の基礎素養を涵養する(基幹科目の設定)とともに、3つの研究領域ごとの専門教育課程を編成している。
  • 専門教育では他大学や他研究科の履修も可能な制度を設けて、学生の自由度を高めている。
  • 実践的能力の涵養と体験交流重視という視点から、修士論文ではフィールドスタディーを取り入れることを奨励し、これに資金面での支援を行っている。

研究指導方針

「主指導教員、副指導教員連携による指導の下に日常的研究を行わせるのに加え、原則として研究科全教員が出席する年2回の研究発表(中間報告会)の場において、個々の研究の進捗状況を報告させ、指導教員のみならず他領域分野の専門家である教員からの質問、アドバイスにより、国際協力という学際的かつ多角的な思考の訓練を目指している。

達成のための具体的な取組

  • 少人数クラスにおいて、履修科目担当教員が当該クラスでの授業内容と学生の関心、興味との関連性に触れるよう指導している。
  • 地元茅ヶ崎市との協定により、一部授業クラスを同市の職員研修プログラムと位置づけ、政策現場の職員と大学院生が一緒に学ぶ機会を提供し、より実践的かつ活性化したクラスとなるよう編成している。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

  • 人類、世界、地域社会が直面する問題に関心を抱き、グローバルな視点から考え、ローカルな場で問題解決にむけて役割を果たしたいという志を持つ人
  • 問題解決のための、より専門的な思考力、判断力、方法・スキルを身につけたいという志を持つ人
  • 国際あるいは地域の発展のありかたやそのデザイン、市民の自発的な活動がより大きな役割を果たす社会、ツーリズムやその将来像、さらに日本と特定の国の制度や文化の比較、などの領域に関心を抱く人
  • 一定の語学能力・日本語文章力を有し、人文・社会科学領域の基礎力あるいは上記領域での経験を有する人
  • 国際交流、国際観光、ボランティア活動などへの関心や体験を有する人
問い合わせ