メディア表現学科学生満足度向上委員会から

「キラキラ☆プロジェクト」学生メンバー募集のお知らせ

 メディア表現学科では学科内に学生満足度向上委員会を設置し、新たに「キラキラ☆プロジェクト」を発足させることにしました。在学生がいつも大学でキラキラと輝き、その輝きを失うことなく卒業を迎えて欲しいと願ってのことです。そのためにはメディア表現学科に何が必要か?何が足りないか?どのようになったらより良い学科になるのか? それらを私たちと一緒に考えてくれるメンバーを今回募集します。是非、私たちと一緒に考えるメンバーに加わって下さい。
 多くの学生の方々のご応募をお待ちしています。

教員プロジェクトメンバー(井徳・岡野・日吉・バンクス)

■プロジェクト設立の目的
 メディア表現学科がより素晴らしい学科になるためには何が学科に足りないか? 何が必要か? 何があればより素晴らしい学科になるのか?その方向性とヒントを求めるための情報収集を行うと共に、結果を広く開示していくことをプロジェクト設立の目的とします。

■募集する学生プロジェクトメンバー
  学生メンバー4~6名 (教員メンバー4名を合わせて計10名程度のプロジェクトを想定)

■学生メンバーの役割
  ・7月と1月(予定)に実施するグループインタビュー(2時間の集団面接調査)の実施
  ・グループインタビューのテープ起こし作業(文教大学規定のバイト料の支払いあり)
  ・年1回実施する学生満足度調査『☆キラキラ度測定調査』の項目の検討と分析結果の検討作業
  ・調査結果のサイトを通じての情報発信作業のサポート
   上記の作業を教員メンバーと一緒に行っていただきます。

■学生メンバーのメリット
  ・正直、無報酬で大したメリットはありません。作業にはバイト代を支払います。会議への出席は無報酬です(ただしお弁当とお茶は支給)。ただ、可能な限り、教員プロジェクトメンバーで応援はしたいと考えます。
  ・就活時にエピソードとしてエントリーシートに書けるような配慮を全力で致します(称号の授与/感謝状の発行など)。

■応募条件
  ・メディア表現学科に在籍する人(学年は問わず)
  ・メディア表現学科を愛し、学科の更なる向上に強い関心を持っている人
  ・積極的に学科に対する意見を集め、自らも発言し、教員メンバーに進言してくれる人

■応募条件と方法
  ・氏名/学籍番号/所属ゼミがある人はゼミ名
  ・推薦者1名(お友達でよい)の氏名/性別/学年/所属ゼミがある人はゼミ名
  ・何かひと言(400文字ほど)
  ・メールにて上記内容を送信のこと itoku@shonan.bunkyo.ac.jp 井徳まで

■審査と審査結果
  応募者多数の場合は、教員プロジェクトメンバーによる審査。学生メンバーをお願いする方には直接メールにてお知らせします。

■応募締め切り
   2018年6月20日

 ご質問等があれば、教員プロジェクトメンバー(井徳・岡野・日吉・バンクス)までお気軽におたずねください。メールitoku@shonan.bunkyo.ac.jpでも質問を受け付けています。




「キラキラ☆直行便」設置のお知らせ

 

 メディア表現学科では学科内に学生満足度向上委員会を設置して、メディア表現学科の改善に役立つ学生のみなさんのご意見を募集しています。

 メディア表現学科に何が必要か?何が足りないか?どのようになったらより良い学科になるのか?・・・・など、どのようなご意見でも構いません。是非とも学生のみなさんの生の声、ご意見をお寄せください。

 「キラキラ直行便」はこちらをクリック
  ※ メディア表現学科の在籍学生のみなさん限定です。
  ※ gmail によるログインが必要です。 

 寄せられたご意見については、学科からの回答を出来る限り学科ウェブサイトなどで掲出し、どのような改善が行われたのか、お答えをしたいと思います。

 なお、ご意見の送付は、基本的にメディア表現学科の在籍学生のみなさんに限りたいと思います。

 本サイトからのご意見は、匿名にして学科内で回覧して改善に役立てますが、委員会には事務手続上、学籍番号情報が送信される形になっています。しかし、みなさんからのご意見は、コンピュータで処理し、個人の情報が洩れることは決してありません。また、実名が教職員等に伝わることは決してありません。どうぞ安心してご意見をお寄せください。

 ではどうぞよろしくお願いいたします。

メディア表現学科  学生満足度向上委員会
mail

ページトップへ