文教大学大学院付属
言語文化研究所

交通案内 ⇒サイトについて ⇒お問い合わせ












研究所へのご意見・お問合せ等は
こちらからお願いいたします。
言語文化研究所トップページ > 研究活動

研究活動


本研究所の研究活動は個人研究と共同研究の二種類があります。

今年度の共同研究テーマは以下の通りです。

「グローバルに生きる:Living Globally」

平成28年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「グローバルに生きる
            Living Grobally」


「遠藤周作の留学の経験と西洋文化の関係」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
「日中両言語の対照研究」
蒋 垂東(文学部教授)
于 日平(客員研究員)
陳 澤佳(準研究員)
金 イテイ(準研究員)
「近代東アジア地域における文化の交流と
          人の移動に関する比較研究」
長谷川 清(文学部教授)
徐 滔(客員研究員)
施 俊艶(準研究員)
「グローバル人材を養成するための
                  PBL導入準備:
PBL教育を行っている大学の先行事例から
                         学ぶ」
糸井 江美(文学部准教授)
武田 和恵(文学部准教授)
「『グローバルに生きる:Living Grobally』
〜企業活動のグローバル化とグローバル化に
伴う従業員の対応に関する考察〜」
鈴木 誠(経営学部准教授)
Kregg Johnston(客員研究員)
「母語話者および第二言語学習者による
       関係節の産出と理解に関する研究」
福田 倫子(文学部准教授)
平川 眞規子(客員研究員)
「内なる多文化:
      日本の伝統音楽から始まる国際交流」
ラメイ アレック(文学部専任講師)
グラハム 児夢(文学部准教授)
山川 智子(文学部准教授)


個人研究

「Cross-linguistic dual coding of input and
              L2 idiom acquisition」
ワシレビッチ ゾラナ(文学部准教授)






平成27年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「グローバルに関心を持つ
            Global Curiosity」


「日本人のグローバル意識の原点と騎馬民族」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
グラハム児夢(文学部准教授)
「日中両言語の対照研究」
蒋 垂東(文学部教授)
唐 亮(準研究員)
陳 澤佳(準研究員)
「近代東アジア地域における文化の交流と
        人の移動に関する比較研究」
長谷川 清(文学部教授)
邵 建国(客員研究員)
李 晨(準研究員)
施 俊艶(準研究員)
「アカデミックなコミュニケーション・スキルを
    支援する教材開発の基礎的資料作成
―ゼミの話し言葉コーパスと
        市販教材の比較を軸に―」
三枝 優子(文学部専任講師)
菅谷 有子(客員研究員)
宮部 真由美(客員研究員)
「日本人英語学習者を対象とした日英語の
          ナラティブ構造の比較研究」
平川 眞規子(文学部教授)
浅野 明代(客員研究員)
鈴木 一徳(準研究員)
「日中両言語の教育、対照、対訳等
              に関する共同研究」
蒋 垂東(文学部教授)
稲垣 泰一(客員研究員)
程 玲(客員研究員)
張 晶(準研究員)
王 倩(準研究員)
大瀧 幸子(客員研究員)


個人研究

「英語教員養成における英語絵本の活用」 糸井 江美(文学部准教授)





平成26年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「多文化理解への架け橋
 Bridges to Multicultural Understanding」


「遠藤周作の留学の経験と西洋文化の関係」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
「不登校児童のコミュニケーション能力を高める
 心理教育的授業の検討(1)」
会沢 信彦(教育学部教授)
葛貫 庸子(客員研究員)
菅野 純(客員研究員)
「寺社縁起及び寺社霊験記類の
 生成と流伝に関する研究」
稲垣 泰一(文学部教授)
名嘉 友子(準研究員)
「アカデミックな言語使用場面における話し言葉
 の特徴 ―語彙と共起表現を中心にした教材
 化へ向けて―」
三枝 優子(文学部専任講師)
菅谷 有子(客員研究員)
「日中両言語の対照研究」 蒋 垂東(文学部教授)
趙 仲(準研究員)
唐 亮(準研究員)
「近代東アジア地域における人の移動と
 交流に関する比較研究」
長谷川 清(文学部教授)
姜 瑛(準研究員)
李 晨(準研究員)
「日本人英語学習者の話し言葉と書き言葉の
 関係 ―ナラティブ構造の比較―」
平川 眞規子(文学部教授)
浅野 明代(客員研究員)
鈴木 一徳(準研究員)


個人研究

「典型発達児と自閉症スペクトラム児におけ
 るナラティブの発達と支援」
小野里 美帆(教育学部准教授)
「北朝鮮ドラマの基礎的研究」 山下 英愛(文学部教授)



平成25年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「多言語社会の中の共生
 Living Together in a multi-lingual society」


「遠藤周作の留学の経験と西洋文化の関係」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
「寺社縁起及び寺社霊験記類の
 生成と流伝に関する研究」
稲垣 泰一(文学部教授)
馬 耀(客員研究員)
名嘉 友子(準研究員)
川島 絹江(客員研究員)
「英語学習者のナラティブにおける
 母語及び英語力との関係の研究」
平川 眞規子(文学部教授)
浅野 明代(客員研究員)
鈴木 一徳(準研究員)
「近代東アジア地域における人の移動と
 交流に関する比較研究」
長谷川 清(文学部教授)
邵 建国(客員研究員)
姜 瑛(準研究員)
「日中両言語の対照研究」 蒋 垂東(文学部教授)
馬 小兵(客員研究員)
趙 仲(準研究員)


個人研究

「現代美術家による宮沢賢治絵本」 中川 素子(教育学部教授)
「日本茶の湯文化における「わび」と「数奇」の
 文化概念」
中村 修也(教育学部教授)



平成24年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「再生と希望のコミュニケーション
 Recovery and Hope Through Communication」


「遠藤周作の留学の経験と西洋文化の関係」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
「言語文化教育とグローバル人材育成
 −東アジア地域の多文化リテラシーに
  関する研究−」
長谷川 清(文学部教授)
張 慧芬(客員研究員)
馬 小兵(客員研究員)
「東アジアの言語文化の比較研究
 −若手人材の育成をめぐって−」
蒋 垂東(文学部教授)
馬 耀(客員研究員)
舘野 由香里(客員研究員)
坂本 真理(準研究員)
「産後こころの不調に悩む母親を対象とした
 自助グループの試み(2)」
会沢 信彦(教育学部教授)
藤枝 真紀子(客員研究員)
藤枝 静暁(客員研究員)
「ナラティブにおける日英語コミュニケーションの
 比較研究」
平川 眞規子(文学部教授)
浅野 明代(客員研究員)


個人研究

「現代美術家による宮沢賢治絵本」 中川 素子(教育学部教授)
「日本茶の湯文化における「わび」と「数奇」の
 文化概念」
中村 修也(教育学部教授)



平成23年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「絆としてのコミュニケーション
 Kizuna: Communication which binds us together」


「遠藤周作の留学の経験と西洋文化の関係」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
「ソーシャルメディアとコミュニケーション
 :2012年大統領選挙、
  連邦会議選挙に向けて」
前嶋 和弘(人間科学部准教授)
「産後こころの不調に悩む母親を対象とした
 自助グループの試み」
会沢 信彦(教育学部教授)
藤枝 真紀子(客員研究員)
藤枝 静暁(客員研究員)
「グローバルに展開するエスニック・
 ネットワークの比較研究
 ―コリアンとウチナーンチュに注目して―」
山脇 千賀子(国際学部准教授)
高 鮮 徽(客員研究員)
「朝鮮の留学生の文学と日本文学との交渉」 武内 佳代(文学部准教授)
明 恵英(客員研究員)
「井上ひさし著・戯曲『天保十二年の
 シェイクスピア』の研究
 −横糸として織り込められた
 三七編のシェイクスピア劇を読み解く−」
鈴木 健司(文学部教授)
磯山 甚一(文学部教授)
藤井 仁奈(準研究員)
「日本語教師のライフヒストリー研究
 :異文化理解とコミュニケーション能力の
  観点から
三枝 優子(文学部講師)
宮 優実(客員研究員)


個人研究

「タデウシュ・カントル「死の教室」について」 中川 素子(教育学部教授)
「障害のある子供の親に対する共同注意成立のための支援
 −子どもの言語発達及び母親の関わり方の変化を通して−」
小野里 美帆(教育学部准教授)
「現代社会と古代史」 ジェームズ グラハム(文学部准教授)


平成22年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………
共同研究

「異文化交流とコミュニケーション」

「異文化とコミュニケーションギャップ」 リチャード A.ローガン
(代表・文学部教授)
「1910年代〜1020年代の日朝文学における
 ジェンダーの呼応」
小泉 満子(文学部教授)
明 恵英(客員研究員)
「宮沢賢治のペルシャ語訳作成」 鈴木 健司(文学部教授)
アスティエ・サベルモガッダム
(客員研究員)
「日本語教師のライフヒストリー研究:異文化
 理解とコミュニケーション能力の観点から」
三枝 優子(文学部講師)
宮 優実
(客員研究員)
「漢語方言と日本語漢字音などの
 関連を中心とした日中対照研究」
蒋 垂東(文学部教授)
干 日平(客員研究員)
舘野 由香理(準研究員)
「日本本土と沖縄におけるラテンアメリカ
 出身者およびその二世にみる異文化
 交流とコミュニケーションの諸相」
山脇 千賀子(国際学部准教授)
田島 久歳(客員研究員)
「第二言語の学習動機について
 −中国語を母語とする日本語学習者と日本
  を母語とする中国語学習者の比較−」
福田 倫子(文学部准教授)
毛 賀力(客員研究員)


平成21年度研究一覧
………………………………………………………………………………………………………………………………

共同研究

「多文化時代に向けた言語文化研究の可能性」

「英語教育における多文化教育における
 課題と問題点」
秋山 朝康
(代表・文学部准教授)
「戦争と文学」 小泉 満子(文学部教授)
白鳥 克弥(準研究員)
「中国の日本語教育機関におけるモンゴル族
 日本語学習者のための総合的かつ基礎的研究」
近藤 功(文学部教授)
サリラン(準研究員)
「漢語方言と日本語漢字音などの
 関連を中心とした日中対照研究」
蒋 垂東(文学部教授)
干 日平(客員研究員)
舘野 由香理(準研究員)
坂上 智一(準研究員)
「参加型双方向メディアを使ったアメリカの
 政治コミュニケーションの最新事例の分析:
 2010年中間選挙に向けて」
前嶋 和弘
(人間科学部准教授)

個人研究

「大学における外国語科目としての
 英語をとりまく現状分析と展望:
 多文化社会にむけて何をなすべきか」
武田 和恵(文学部准教授)
「→(矢印)についての語用論的研究」 近藤 研至(教育学部教授)
@「対位法構造論
  −シリン・ネシャットを中心に−」
A「絵本と日本語
  −視覚表現性から試みる日本語教育−」
中川 素子(教育学部教授)
「ランボー『地獄の季節』の語りについて」 山本 卓(文学部教授)
藤井仁奈
(文学部非常勤講師)






opyright (c) 2009 Bunkyo University, All rights reserved.