文教大学大学院付属
言語文化研究所

言語文化研究所|夏期講座|コリア語2016
文教大学大学院付属
言語文化研究所

文教大学HOME ⇒交通案内 ⇒サイトについて ⇒お問い合わせ












研究所へのご意見・お問合せ等は
こちらからお願いいたします。
言語文化研究所トップページ夏期講座 > 特別企画 コリア語教育夏期講座

特別企画 コリア語教育夏期講座

―隣人のことばを学ぶ―


対象:コリア語教育に携わっている方、またはコリア語に関心のある方。
    埼玉県内在住または勤務する方
目的:コリア語教育についての理解を深める。
期日:平成28年8月3日(水)
会場:文教大学越谷校舎 3号館(3307R)
定員:20名


◆講義内容 ………………………………………………………………………………………………………………………………


講義@「韓国・韓国人、そしてコリア語についての基礎理解」
                                 谷澤 恵介(文教大学・兼)

いわゆる韓流ブームが日本人の韓国理解に大きく貢献したことは間違いがありません。しかし今、私たちは韓国の人たちとその言語についてどれほどの知識をもっているでしょうか?本講義では皆さんと一緒に、韓国と朝鮮半島についての基礎知識をクレッション、アンド、アンサーで楽しく確認しあいながら、コリア語の特徴と日本語との類似性についてわかりやすくお話しします。コリア語を勉強したことがない方でも大丈夫です。


講義A「ハングルの創製の過程と、その文字の特性を知ろう!」
                                 白 尚憙(文教大学・兼)

  ハングルは15世紀に作られた、もっとも新しく革新的な文字です。このハングルの創製の過程には、世宗(セジョン)王と若き学者たちが織りなす壮大なドラマがありました。本講義ではまず、ハングル(訓民正音)の歴史とその特性についてお話しします。そして表音文字であるハングルの構造を日本語の文字音声と対照しながら、わかりやすく説明します。


講義B「韓国ドラマと伝来説話〜ものがたりで学ぶ言葉と文化〜」
                                 山下 英愛(文教大学)

  思わずハマってしまう韓国ドラマ。その背景にはストーリーの面白さがあります。そのストーリーにはたいてい伝来説話の要素が埋め込まれています。この講義では、韓国に伝わる神話や説話、童話を紹介しつつ、ドラマのストーリーとの関係を探ります。また、童話を使った聞き取り学習にもチャレンジしてみましょう。


opyright (c) 2009 Bunkyo University, All rights reserved.