文教大学大学院付属
言語文化研究所

文教大学HOME ⇒交通案内 ⇒サイトについて ⇒お問い合わせ












研究所へのご意見・お問合せ等は
こちらからお願いいたします。
言語文化研究所トップページ夏期講座 > 第10回 日本語教育夏期講座

第11回 日本語教育夏期講座
―ピア・ラーニングを活用した日本語教育―
〜インターアクションによる学び〜 


対象:現在日本語教育に携わっている方、または日本語教育に関心 のある方。
    埼玉県内在住または勤務する方
目的:日本語教育についての理解を深める。
期日:平成24年8月3日(金)
会場:文教大学越谷校舎 3号館(3301R)
定員:30名


※小笠先生の大学名表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

◆講義内容 ………………………………………………………………………………………………………………………………

 昨今、「協働」という言葉を様々な分野でみるようになりました。この協働を教育に取り入れたものが、「ピア・ラーニング」です。
 今回の講座では、このピア・ラーニングを活用した日本語教育の背景や理論を学び、実際に体験していきます。

講義@「ピア・ラーニングとは何か」
                                 影山陽子(日本女子体育大学)

 従来の授業と比べながら、ピア・ラーニングの特徴およびその背景・理論を学んでいきます。 これからの日本語教育に必要なピア・ラーニングにおける基礎知識を習得します。

講義A「ピア・ラーニングの体験」
                                 影山陽子(日本女子体育大学)

   受講生の皆様に、ピア・ラーニングを生かした作文学習を実際に体験していただきます。 自分の視点や考えが、他者の視点や考えによってどのように変化するのか、 インターアクションによって何が起こるのか、多くの気づきを得てください。


講義B「ピア・ラーニングの日本語教育への活用例」
                            小笠恵美子(津田塾大学非常勤講師)

   講義Aの内省をしながら、実際に授業場面においてどのようにピア・ラーニングが活用できるのか、実例を紹介しながら、皆で考えていきます。 学習者の気持ちで、インターアクションを見つめ、ピア・ラーニングならではの「学び」について考えましょう。


opyright (c) 2009 Bunkyo University, All rights reserved.