文教大学大学院付属
言語文化研究所

文教大学HOME ⇒交通案内 ⇒サイトについて ⇒お問い合わせ












研究所へのご意見・お問合せ等は
こちらからお願いいたします。
言語文化研究所トップページ > 定例研究会

定例研究会


言語と文化にかかわる研究を推進し、研究活動に関する情報交換や成果発信をする研究会です。 また大学院付属の研究所として、教員と院生の知的交流を活発にし、研究活動を推進することも目的としています。

どなたでも参加していただけます。

平成28年度 第1回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成28年6月22日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 4号館 437R

報告者 : 「夏目漱石の「画」と「詩」」
        本学文学部日本語日本文学科専任講師 神田祥子


ポスターはこちらです。 →2016年度 第1回研究例会ポスター



平成27年度 第2回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成27年11月25日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 4号館 437R

報告者 : 「当麻曼荼羅と中将姫」
        本学文学部日本語日本文学科専任講師 日沖敦子


ポスターはこちらです。 →2015年度 第2回研究例会ポスター



平成27年度 第1回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成27年6月24日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 4号館 436R

報告者 : 「テ形節と時制・モダリティ」
        本学文学部日本語日本文学科教授 鬼山 信行


ポスターはこちらです。 →2015年度 第1回研究例会ポスター



2014年度日中韓言語・文化に関する国際学術シンポジウム
………………………………………………………………………………………………………………………………  平成26年10月3日(金)、2014年度日中韓言語・文化に関する国際学術シンポジウム(1号館134教室、13:00〜18:00)を実施しました。







日 時 : 平成26年10月3日(金) 14:40〜17:50

場 所 : 1号館 134R

報告者 : 山崎豊子『約束の海』論 ―消された兵士の復活―
           徐 載坤(韓国外国語大学校)

       文明論の視点から見る戦前期の中日関係
           邵 建国(北京外国語大学)

       仏教寺院の復興と越境するネットワーク
        ―雲南省でのフィールド調査から
           長谷川 清(文教大学)

       「自動詞+てしまう」と「他動詞+てしまう」の使い分けについて
           安 平鎬(韓国誠信女子大学校)

       従属節の構文的機能と形態的機能
        ―様態修飾を表す[〜Vように]節のアスペクト性に関する一考察―
           于 日平(北京外国語大学教授)

        因果関係の「ノダ」文をめぐって
           鄭 相哲(韓国外国語大学校)

       複数を表す日本語の「〜たち」と韓国語の「〜?[t?l]」の対照研究
           朴 敏瑛(韓国外国語大学校)

       漢語オノマトペの日韓両言語における受容と変化
           宮武利江(文教大)、権 景愛(韓国外国語大学校)

コメンテーター:馬小兵(北京大学)
          津留崎 由紀子(文教大学兼任講師)
          鈴木健司・阿川修三 (文教大学)





ポスターはこちらです。 →2014年度 シンポジウムポスター



平成26年度 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成26年6月25日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 3号館 3303R

報告者 : 「ナショナル・アイデンティティとジェンダー
       −「慰安婦」問題解決運動の経験を通して−」
        本学文学部英米語英米文学科教授 山下 英愛


ポスターはこちらです。 →2014年度 研究例会ポスター



平成25年度 第2回定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成26年2月12日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 4号館 436R

報告者 : 「明治期日本における大陸政策の展開と大陸浪人の活動
       −日清戦争期を中心に−」
           言語文化研究所準研究員 姜 瑛

       「内面性と主体性の関与から見る心理動詞」 
           言語文化研究所準研究員 趙 仲


ポスターはこちらです。 →2013年度 第2回研究例会ポスター



平成25年度 第1回定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成25年11月27日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 3号館 3303R

報告者 : 「日・中・英語の結果構文とその習得について」
           本学大学院言語文化研究科2年生 四谷 厚子

       「第二言語学習者の形態素習得研究の発展:
        3人称単数現在-s と複数形-s の使用から」 
           文学部非常勤講師       渋谷 真由美


ポスターはこちらです。 →2013年度 第2回研究例会ポスター



2013年度日中韓言語・文化に関する国際学術シンポジウム
………………………………………………………………………………………………………………………………  平成25年10月4日(金)、2013年度日中韓言語・文化に関する国際学術シンポジウム(4号館415教室、14:40〜17:50)を実施しました。







日 時 : 平成25年10月4日(金) 14:40〜17:50

場 所 : 4号館 415R

報告者 : 「中国語文と日本語文における漢字機能の異同」
           于 日平(北京外国語大学教授)

       「(動詞)なそうだ」と「(動詞)なさそうだ」に関する使い分け
        ―韓国語母語話者に対する日本語教育の観点から―」
           安 平鎬(韓国誠信女子大学校教授)

       「漢語に由来するオノマトペの韓日両言語での定着過程と現状」
           権 景愛(韓国外国語大学校教授)

       「外国資料と日本語史の研究 ―中国資料を中心に―」
           蒋 垂東(文教大学教授)

コメンテーター:馬小兵(北京大学)、徐滔(北京外国語大学)、
          津留崎 由紀子(文教大学兼任講師)
          阿川修三・磯山甚一・長谷川清 (文教大学)



ポスターはこちらです。 →2013年度 シンポジウムポスター



平成24年度 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成24年10月31日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 3号館 3303R

報告者 : 「日英語の心理形容詞に関する一考察」
           本学大学院言語文化研究科2年生 鈴木一徳

       「日英語コミュニケーション比較:日本語の視点・英語の視点」 
           言語文化研究所客員研究員 浅野明代



平成24年度 特別研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

 平成24年10月19日(木)、特別研究会(4号館436教室、16:10〜18:30)を実施しました。

 文学部・大学院言語文化研究科における教育研究推進事業の一環として、協定校である北京大学と北京外国語大学から、馬小兵先生(北京大学外国語学院MTIセンター主任・教授)、于日平先生(北京外国語大学日語系主任・教授)をお招きし、特別研究会を実施しました。東アジア地域における言語文化研究や教育目標、国際的視野と専門性を有する人材育成のために必要な教育プログラムのあり方などについて、両大学の取り組みが紹介されました。ディスカッションには共同研究メンバーや本研究科の院生も加わり、活発な意見交換がなされ、貴重な機会となりました。






日  時     : 平成24年10月18日(木) 16:10〜18:30

場  所     : 4号館 436R

報 告 者   : 馬 小兵(北京大学外国語学院教授)

タ イ ト ル   :「東アジア地域の言語文化研究の課題−日中比較の視点から」

コメンテーター :于 日平 (北京外国語大学教授)

ディスカッサント:宮武利江、蒋垂東、長谷川清
        (以上、研究プロジェクトリーダー、本学文学部教授)


ポスターはこちらです。 →2012年度 特別研究会ポスター



平成23年度 特別研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成24年3月26日(月) 13:00〜16:40

場 所 : 12号館 12101R

13:00〜
開会の挨拶 文学部長 磯山甚一
学長挨拶  大学長  大橋ゆか子
趣旨説明  大学院言語文化研究科 専攻長 加納陸人

プレゼンテーション

13:20〜13:50
@「中国の日本語教育の新しい動向について」
          北京大学外国語学院副院長 趙華敏

13:55〜14:25
A「北京大学における文化研究の現状」
          北京大学外国語学院日本語言文化系主任 金勲

− 休憩 15分 −

14:40〜15:10
B「日本人留学生像の変遷から見るグローバル化」
          文教大学文学部長 磯山甚一

15:15〜15:45
C「大学院における言語文化領域の人材育成について
     ―文教大学大学院言語文化研究科を例に―」
          文教大学大学院言語文化研究科長 蒋垂東

15:55〜16:40
総括討論 司会 加納陸人


ポスターはこちらです。 →2011年度 特別研究会ポスター



平成23年度 第1回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成23年6月29日(水) 16:20〜17:50

場 所 : 3号館 3303R

報告者 : 「貴公子ハロルドの巡礼』におけるライン河について」
           本学非常勤講師 藤井 仁奈

       「国際的学術発表における実践スキルの向上について」 
           本学非常勤講師 堤 理英



平成22年度 第2回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成22年12月1日(水) 16:20〜18:00

場 所 : 3号館 3303R

報告者 : 「ルイス・キャロルとペーパーフォールディング」
           大学院言語文化研究科 明石羊子

       「マラヤ大学の日本語プログラムと
         マレーシアの日本語教育事情」 
           マレーシア マラヤ大学 ジャファール・ビン ジャムビ



平成22年度 第1回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成22年9月29日(水)  16:20〜18:00

場 所 : 4号館 436R

報告者 : 「芥川龍之介文学のユーモア」
       大学院言語文化研究科 北林和也
       
        「羅寰焉iナ・ヘソク)とナショナリズム、
         そして<崔承九(チェ・スング)>」 
       韓国 国立全南大学校 明恵英



平成21年度 第3回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成21年11月25日(水) 16:20〜18:00

場 所 : 12号館 12103R

報告者 : 「幾米論 −越境する芸術作品として−」
           大学院言語文化研究科 河内貴志

       「音声言語の文字言語化について」 
           大学院言語文化研究科 渡辺和希

       「選挙コミュニケーションとメディア:アメリカの事例から」 
           本学人間科学部准教授 前嶋和弘



平成21年度 第2回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成21年9月30日(水) 16:20〜18:00

場 所 : 3号館 3306R

報告者 : 「19世紀後半からのアメリカの文化とバスケットボール」
           大学院言語文化研究科 松本拓弥

       「韓国の大学生における日本語学習ストラテジー比較研究」 
           大学院言語文化研究科 田敏

       「日本漢字音と中国原音との対応関係」 
        (1) 日本漢音と西北方音の鼻音弱化
           文学部非常勤講師 舘野由香理

        (2) 日本呉音と?方言との関係
           言語文化研究所準研究員 坂上智一



平成21年度 第1回 定例研究会
………………………………………………………………………………………………………………………………

日 時 : 平成21年6月24日(水) 16:20〜18:00(各30分ずつ)

場 所 : 3号館 3306R

報告者 : 鈴木健司(本学文学部教授)
        「宮沢賢治における地学的想像力(八)
        「岩頸」意識について−〈現実〉から〈心象〉へ」

       白鳥克弥(言語文化研究所 準研究員)
        「戦争SFの成立と背景」 

       サリラン(言語文化研究所 準研究員)
        「中国内蒙古自治区のモンゴル人日本語学習者に
         対する効果的な日本語教育の研究
         〜日本語初級表現の定着をはかるための一考察〜」


ポスターはこちらです。 →第1回 定例研究会ポスター



opyright (c) 2009 Bunkyo University, All rights reserved.