施設案内
ソフト・ハードの両面から、生徒の安全で
充実した学校生活を支えています。

キャンパスコンセプト

文教大学付属中学校・高等学校では新キャンパスを建設するにあたり、
「PORT」(港)というコンセプトを考えました。

港では、大海原へ出航する前の、最後の砦です。
港では、船の点検をし、積み荷と燃料を運び込み、長い航海に向けた最後の準備を行います。
思えば、それは、中学・高校の6年間も同じです。
勉学を積み、心身を鍛え、進路を見定め、長い人生に向けた念入りの準備を行います。

新キャンパスには、学校の中心機能「Mother Port」、
中学生活の拠点「West Port」、高校生活の拠点「East Port」、
自らが学ぶ場「South Port」、社会性を学ぶ場「North Port」、
そして、四季を感じる憩いの場「SAKURA garden」を設けています。

それぞれのPORTを行き来しながら、勉学だけでなくコミュニケーションの輪も広げ、
人生の基盤を築いて着実な成長を遂げてほしいと考えています。
そして、港から旅立った後に、ときどき立ち還ってもらえる場にしたいと願っています。

文教大学付属中学校・高等学校は、
そんな母校であり、母港でありたいと願いを込めています。