研究科長挨拶

  グローバル化の進展に伴い、多様な文化様式の交錯が急速に進む中、多文化間の交流と共生に向けた叡智ある相互理解に対する積極的な取り組みが時代の要請となっています。こうした要請に応えるため、文教大学大学院言語文化研究科修士課程は1999年に文学部の三学科(日本語日本文学科・英米語英米文学科・中国語中国文学科)を基盤に創設されました。創設以来、言語文化専攻という1専攻の中に相互に関連する地域言語文化研究と第二言語習得研究の2コースを設け、コース間での密接な関連を保ちながら国際的な視野を備え、幅広い教養と高い専門的技能を持った高度な専門的職業人の養成に取り組み、これまで100名を超す人材を輩出してきました。修了者の進路は世界各地に広がり、中国や韓国などの大学教員をはじめ、国内の大学や高等学校の教師、図書館の司書、公務員、出版社の編集者を含む企業就職者など多彩です。博士課程に進学して研究を深め、研究者の道を目指す者も少なくありません。

  13年の充実と発展を経て、将来へ向けてさらに飛翔すべく、本研究科は2012年4月より博士後期課程を開設しました。言語研究領域と文化研究領域の高度な学術研究能力と教育実践能力を身につけ、広い視野と豊かな国際感覚をもって国内外の大学や研究機関等において指導的な役割を果たせるような人材を養成するという新たな取り組みを始めました。

  留学生が全入学者数の約半数を占めるというのが本研究科の特色の一つです。留学生の出身地域は北東アジアをはじめ、東南アジア、東欧、西欧などに及び、グローバル化が加速する中、様々な国からの留学生との日常的な接触を通して、異なる文化や価値観について比較横断的に考察する機会を得、国際人としての幅広い知見を養うことが可能です。

  ことばは、世界中の人と人との間の理解の架け橋となり、異文化接触を解きほぐし、文化と文化の間を繋ぐ最良にして最大のかぎです。ことばの力を愛し、ことばの賢明な使い手になりたい人、また異文化交流と国際理解を体験し実践したい人、さらにことばをめぐる高度な学術研究能力と教育実践能力を身につけたい人、これらの意欲を抱くすべての人に対して言語文化研究科は限りない応援をします。

言語文化研究科長

白井 啓介

▲ページトップへ