博士後期課程

  言語文化研究科博士後期課程は、本研究科発足以来培ってきた言語文化を重視する基本姿勢を修士課程から継承し、 言語研究領域では、言語学や第二言語習得研究、日中言語比較対象研究など言語研究の専門分野を持ち、それぞれの分野の 先端的な研究を探求しつつ、これらの言語研究分野の相互の連携を目指します。文化研究領域では、日本の文化・文学、 さらには比較文化特殊研究の専門分野を持ち、それぞれの専門分野の専門的な研究成果と連携しつつ、多文化時代に相応しい日本文化・ 文学の専門的見地からの研究成果と国際貢献の実現を目指します。

▲ページトップへ