研究科案内

教育研究の内容

言語文化研究科は修士課程と博士後期課程から成り立っています。

修士課程は、一つの専攻の中に、互いに関連する二つの分野(コース)を設けています。地域言語文化研究コース(日本語圏・英米語圏・中国語圏)は、それぞれの言語地域の文学や、表象芸術としての演劇・映画などの研究を通して、言語による文化を考究しようとするものです。第二言語習得研究コースは英米語、中国語、日本語を母語としない人のための日本語の三つの分野を第二言語という観点で統一把握し、その理論的研究を行なうとともに、教授技能を高めようとするものです。

博士後期課程は、本研究科発足以来培ってきた言語文化を重視する基本姿勢を修士課程から継承し、言語研究領域では、言語学や第二言語習得研究、日中言語比較対照研究など言語研究の専門分野を持ち、それぞれの分野の先端的な研究を探求しつつ、これらの言語研究分野の相互の連携を目指します。文化研究領域では、日本の文化・文学を中核として、英語圏文化・文学や中国語圏文化・文学、さらには比較文化特殊研究の専門分野をもち、それぞれの専門分野の先端的な研究成果と連携しつつ、多文化時代に相応しい日本文化・文学の専門的見地からの研究成果と国際貢献の実現を目指します。

教育課程

修士課程では、言語文化に関する広い教養と専門的能力を修得できるように、共通科目と二つのコースという形で教育課程を編成しています。共通科目は本研究科全体の基盤として、言語ならびに言語文化に関する基礎的理論を学ぶとともに、これからの時代を開くための先端的科目を開設します。地域言語文化研究コースでは、各地域の文学ならびに言語芸術(上演芸術)の研究を通して、言語文化についての高度な専門的能力を修得するための科目を開設します。第二言語習得研究コースでは、それぞれの言語についての個別的研究とそれらを統一的に把握する理論的研究を併せ学び、高度な専門的技能を持つ職業人となるための科目を開設します。二つのコースとも、自立した内容をもっています。

博士後期課程では、広い視野と豊かな国際感覚をもち、言語文化分野における高い研究能力と問題解決の実践能力を兼ね備え、多文化社会で指導的な役割を果たせる人材の養成に密接につながる言語研究の領域と文化研究の領域を統合させた言語文化研究を行う教育課程を編成し、言語研究領域では、日本語教育に関する高い研究能力と効果的な問題解決能力の養成およびこうした能力の養成と密接な関連をもつ言語学、第二言語習得研究、対照言語研究など言語研究の専門分野の先端的な研究を深めるための科目を開設します。文化研究領域では、日本文化の特質を深く探求し、幅広い視野と高度な文学的な見識を備え、自立した高い研究能力を養成するための科目を開設します。

なお、本研究科開設の目的に合わせ、両コースにわたる履修が必要です。

修了要件及び履修方法

修士課程の修了要件は、本研究科に2年以上在籍し、指定の方法に従って30単位以上を修得し、さらに、必要な研究指導を受けて、修士論文を作成し、その審査及び最終試験に合格することです。

博士後期課程の修了要件は、本研究科に3年以上在籍し、指定の方法に従って16単位以上を習得し、さらに、研究指導を受けて、博士論文を作成し、その審査および最終試験に合格することです。

  1. 単位の履修方法  修士課程では共通科目から4科目8単位以上、選択したコースから6科目12単位以上、他のコースから2科目4単位以上、以上の条件を満たして30単位以上修得する必要があります。博士後期課程では選択必修科目から3科目12単位以上、選択科目から2科目4単位以上修得する必要があります。
  2. いずれの課程でも、学生は原則として、自らの研究計画に基づき、研究科が指定する研究指導担当者の中から、主指導教員を選択できます。
  3. 研究指導は、主指導教員が予め定めた時間に、研究内容・経過等に関する学生との対話を通して行なわれます。

学位

本研究科の修士課程を修了した者には修士(文学)の学位、博士後期課程を修了した者には博士(文学)がそれぞれ授与されます。

▲ページトップへ