2011 (平成23)年度 言語文化研究科 修士論文発表会を開催しました。
修士論文を提出した9名(地域文化研究コース2名、第二言語習得研究コース7名)が研究成果を発表しました。

*****
プログラム

日時:平成24年2月20日(月)13:00〜17:00
会場:文教大学越谷校舎4号館437教室 


◇地域言語文化研究コース
坂本 真里  「彼岸過迄」論−千代子像を生成する語り

野津 森衛  志賀直哉「和解」論−苦悩と変化の物語−


◇第二言語習得研究コース
長ヶ部 真生 『紅楼夢』の言語学的研究

グエン ブイ   ベトナム語話者の日本語アクセント-実験音声学的研究
アン ティー

シュステック      ドイツ語母語話者の日本語学習動機づけに関する研究
イエンス ペーター  −中国語母語話者を比較対照として−

チン イシ  中国における中級日本語学習者の作文に及ぼす第1言語の影響
        −作文の質を中心に−

チン シン  中国語を母語とする上級日本語学習者のスピーチレベル・シフトに関する研究   
        −相手言語接触場面と第三者言語接触場面との比較−

パク ミソン  韓国人日本語学習者の日本語アクセントに関する実験音声学的研究
         -ソウル出身日本語学習者とプサン出身日本語学習者を中心に-

マ シンシン  中国語の新語における外来語の形態素化現象について

*****