修了後の進路

TOP > 修了後の進路

修了後の進路

国際学研究科修了後の進路には、大きく三つのケースがあります。

第一のケース

第一は、国際協力の分野に進むケースで、外務省の専門調査員として途上国の支援に従事しているケースがあります。

第二のケース

第二は、修士論文のテーマを活かして、国内の専門職に就くケースで、福祉、行政、教育などの公務員や国際展開する企業における環境、観光開発、医薬などの分野に進んだ例があります。いずれも修得した専門知識が活かされています。

第三のケース

第三は、外国人留学生が修士論文テーマを活かして自国または日本国内で就業するケースです。

また、研究をより深化させ、他大学院の博士課程に進学することも可能です。

ページトップへ