2016年11月26日
人間科学部では、「人間科学の日常での学び:ビジュアル学習」を目指して、12号館2階ショーウインドー展示を行っています。2016年11月26日から1月6日まで、人間科学部人間科学科の二宮雅也先生にご担当いただき、「スポーツボランティア~支えるスポーツの魅力~」を展示しています。大学院人間科学研究科人間科学専攻のM1の水野遥夏さんも展示にご協力くださいました。

スポーツボランティアは、いまや国境の枠を超えて世界中で広がりをみせています。2012年に開催されたロンドンオリンピックには、約7万人ものボランティアが活躍しました。この7万人は、地元ロンドン市民の方だけではなく、なんと世界中から応募してきた約24万人のなかから選ばれた人たちなのだそうです。

2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。こちらにも9万人を超える多くのボランティアが必要とされる模様です。また、マラソン大会をはじめとした大小スポーツ大会が、毎週末のように様々な地域で行われています。皆さんの地元で行われることもあるでしょう。この展示をきっかけにスポーツボランティアに興味を持っていただけると幸いです。


Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.