2016年4月6日
人間科学部では、「人間科学の日常での学び:ビジュアル学習」を目指して、12号館2階ショーウインドー展示を行っています。2016年4月6日から9月中旬まで、人間科学部人間科学科社会福祉コースの森恭子先生にご担当いただき、「難民とソーシャルワーク」と題して、日本における難民の暮らしについて展示しています。
日本政府は昨年から正式に一定数の難民を受け入れることになり、日本で難民申請する人々が急増しているそうです。今後は、学生のみなさんにとっても難民の人たちが、より身近な存在になるかもしれません。難民の中には、日本でレストランを経営したり、ネイリストとして働いている方もいるそうですよ。
この機会に、ぜひ国際情勢や彼らの暮らしについて知識を深めましょう。

Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.