2015年11月17日
11月15日(日)、人間科学部の開設科目「コミュニティイベント論」(担当:二宮雅也准教授)の受講生と二宮ゼミの有志、総勢36名が「第一回さいたま国際マラソン」のボランティアに参加しました。リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表選手選考レースでもあるということもあり、沿道にはたくさんの観客が詰めかけました。 こちらのマラソンコースは文教大学越谷校舎の近くに折り返し地点が設定されており、そのような環境のなかで、学生達は給水・給食やコース整理の活動を行い、参加したランナーを支えました。
Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.