STUDENT LIFE

学生生活

短期留学事例紹介

オーストラリア モナシュカレッジの短期留学レポート

2018年度 オーストラリアのモナシュカレッジにて、3か月間の短期留学プログラムに参加した学生のレポートです。オーストラリアの生活と英語の勉強の様子が良く伝わってきますね。

*******

私はオーストラリアのメルボルンにある、Monash Collegeで約3ヶ月間短期留学をしてきました。メルボルンはいろんな国の方が住んでいて、多文化な国でした。またこの短期留学プログラムの特徴として、「ホームステイ」があります。実際に私のホストファミリーは中国の方でした。中華料理やオーストラリア料理が夕食に出てくるので、2つの国の料理を体験できました。また家族の誕生日パーティーに参加しました。そのパーティーではたくさんの人とお話することが出来たので、良い経験になりました。ホストファミリーはほんとの家族のように接してくれたので、嬉しかったです。 学校の授業では、グループディスカッションやプレゼンテーションという活動が多く、それを通して英語で自分の意見を伝える能力が向上しました。他国の留学生と一緒に学習する中で、うまくコミュニケーションがとれないことなど壁にぶち当たることもありましたが、お互いに相手を理解し、楽しい学校生活を送ることが出来ました。また留学期間中はたくさんのところに行き実際に見たり体験したりと、メルボルンでの生活を満喫できました。
この短期留学を通してたくさんの事を学び、得ることが出来ました。何か問題が生じたときに解決する能力や、毎日英語に触れることで英語力が向上しました。また考え方や視野も広がりました。 このような貴重な体験ができたので、挑戦して本当に良かったと思いました。

国際学部国際理解学科2年 B7W41071 佐々木遥大

 

 

 

国際学部の短期留学プログラム アメリカ・オレゴン州

国際学部独自の短期留学プログラムには、アメリカ・オレゴン州のオレゴン州立大学で英語、異文化コミュニケーション、異文化理解を学ぶコースがあります。

参加者のレポートから、その様子をご紹介します!

****

 私は、アメリカ・オレゴン州の自然が豊かで穏やかな町、コーバリスというところにあるオレゴン州立大学に短期留学として参加しました。

 留学当初は自分の英語力が心配で仕方がなかったです。そのせいでルームメイトとの最初の挨拶も、授業での発言も恐怖を覚えてしまっていました。しかし私の場合、ルームメイトがたくさん話しかけてくれたり、学校のスタッフたちが留学生の私たちにとても親切にしてくれたりと、約1ヶ月後には失敗を恐れることも減り、徐々にその環境に慣れた実感が湧いてきました。

 授業以外では他の国の留学生と共にハイキングをしたり、ディナーやBBQをしたりと刺激的な毎日でした。帰国後に強く思うことは、また留学したいという気持ちともっと英語を話していたら良かったという後悔です。しかしこの短期留学で何も得られないということは全くありません。慣れない環境や人と接することで自分の性格を理解し、改めて自分を見つめ直すことができる非常に良い機会でした。さらに視野も広がり考え方も人への接し方も留学前と変わりました。このような機会を与えてくださった両親や先生方に感謝したいです。

国際学部理解学科2年B7W41111 中村琴音

 

国際学部の短期留学プログラム ~英国編

国際学部では、大学2年生の夏休みを利用してイギリスのサリー大学で英語と観光・文化を学ぶ短期留学プログラムがあります。英語のスキルアップと新たな価値観を手に入れる4週間です。

参加学生のレポートから、一部を紹介いたします!

*****

イギリスでの生活は毎日が刺激的なことばかりで様々な面で自分にとってプラスの変化がありました。現地では主にイギリスの観光や文化を学び、それらを生かせるフィールドワークを数多く経験しました。これにより、より実践的な英語力を身につけることができ、日常の中で英語を用いることへの抵抗感が少なくなりました。また、授業のない週末には皆で課題を進めたり、ビッグベンや大英博物館などを訪れ、観光を楽しんだりと、勉強面、生活面ともに充実した内容の濃い1ヶ月を過ごしました。