TOPICS

TOP > TOPICS > > 国際学部国際観光学科の2年生4名が、一般財団法人飛騨高山大学連携センターと国際学部との共同プロジェクトにて、岐阜県高山市高根町にて、観光振興研修に参加し、中日新聞より取材を受けました。

ゼミナール紹介

国際学部国際観光学科の2年生4名が、一般財団法人飛騨高山大学連携センターと国際学部との共同プロジェクトにて、岐阜県高山市高根町にて、観光振興研修に参加し、中日新聞より取材を受けました。

国際学部国際観光学科の2年生4名が、一般財団法人飛騨高山大学連携センターと国際学部との共同プロジェクトにて、岐阜県高山市高根町にて、観光振興研修に参加し、中日新聞より取材を受けました。

このプロジェクトは、飛騨高山大学連携センターが塩沢温泉七峰館の活用を大学生が考えるというもので、4名の学生が現地に滞在して現地調査をおこない、地域の魅力を発掘していきました。

報告会は3月9日に七峰館で開催され、学生4名は空き家を活用した観光活性化案や滞在している人々が楽しめる催しなどについて提案を行いました。

ページトップへ