この事例集は、広島大学図書館リポジトリアドバイザーである黒澤節男 『機関リポジトリと著作権 Q & A』 (http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00023065)および各大学機関リポジトリを参考にしています。

 

SUCRA への教育研究成果物登録について (= 登録編)

  1. 登録することによって研究者にとってメリットはありますか?
  2. どんなものが登録できるのですか?
  3. 以前の大学に在職中に発表した論文をSUCRAに登録することはできますか?また、退職後、発表した論文を登録することができますか?
  4. SUCRA に登録するにはどうすればよいですか?登録は面倒ではないですか?
  5. 昔のもので抜き刷りや印刷体はあるが、電子媒体で持っていないものを登録したいが、どうすればよいのですか?
  6. PDF でもらった抜き刷りはよいのか?
  7. 図書館に提出する原稿はどのようなファイル形式でもよいのですか?
  8. 印刷したものしかない場合、本文を送らなくても、SUCRAに登録公開できるかどうか、図書館から調べてもらえますか?
  9. 単行本(図書)は登録できるのでしょうか?
  10. 授業の資料はどんなものを登録することが可能ですか?
  11. 電子ジャーナルという形でウェブサイトから閲覧できる論文の場合、改めて SUCRA に登録するメリットはあるのでしょうか?
  12. ファイルの容量に制限はありますか?
  13. 学会発表資料の場合、対象は Proceeding か、あるいはスライド資料ですか?
  14. 図とテキスト原稿を別々のファイルで提出して登録できますか?
  15. 修士論文の登録はできますか?
  16. SUCRA に登録できるコンテンツに1人当たりの制限はありますか?
  17. 未発表論文を SUCRA に登録することは可能でしょうか?
  18. 講演会や研究集会、学会等で発表したものを雑誌に発行する前に一時的に載せ、広く意見を求めるという形で SUCRA に登録することはできますか?
  19. SUCRA で公開した後に、何らかの事情で削除あるいは訂正したいときはどうすればよいのでしょうか?
  20. 公開時期を指定することはできますか?
  21. SUCRA、すなわち機関リポジトリへの論文登録及び公開は強制または義務ですか?
  22. 科学研究費成果報告書を登録する必要はありますか?
Q1: 登録することによって研究者にとってメリットはありますか?
  • 安定的に保管 → 散逸しやすい自己の研究成果物を一元的かつ永続的に保存する書庫として利用できます。
  • 可視性の向上 → 検索でヒットしやすくなることにより、新たな読者を獲得できます。JAIRO、CiNii 等の論文検索データベースとのデータのやり取りが可能であり、 Google などの検索エンジンにもヒットするため、より広く研究成果を公開できます。電子ジャーナルが利用できない研究者に、研究成果を伝えることができます。 ある調査では、例えば物理学分野では、無料オンライン公開された論文は、そうでない論文に比べて約 5.6 倍多く引用されるという統計結果が報告されています。
▲このページのトップに戻る

Q2: どんなものが登録できるのですか?
原則として、文教大学に在籍中に作成または発表した教育研究成果 (論文、報告書、一般雑誌記事、プレゼンテーション資料、授業教材、図書など) です。
▲このページのトップに戻る

Q3: 以前の大学に在職中に発表した論文を SUCRA に登録することはできますか?また、退職後、発表した論文を登録することができますか?
原則として、文教大学に在籍中に作成または発表したものです。ただし、在籍前あるいは退職後の論文の登録を希望する場合は、リポジトリ公開の許諾が得られれば登録することが可能です。
▲このページのトップに戻る

Q4: SUCRA に登録するにはどうすればよいですか?登録は面倒ではないですか?
  1. 図書館 HP トップ画面右側 「SUCRA に著作物を登録する方へ」 をクリックしてください。SUCRA 及び登録に関する説明をご覧ください。
  2. 「埼玉県地域共同リポジトリ (SUCRA) への著作物利用許諾要件」 をお読みいただいた後に、「埼玉県地域共同リポジトリ SUCRA 著作物利用許諾書」 をダウンロードしていただき、 必要事項を記入してください。
  3. 記入済み利用許諾書と登録するコンテンツ (教育研究成果物) のファイルを図書館の機関リポジトリ担当者宛に電子メールまたは郵送でお送りいただくか、直接ご持参ください。 コンテンツのファイルは CD-R や USB メモリーに記録してご持参していただいてもかまいません。また、提出していただく利用許諾書は、印刷出力したものでも、ダウンロードして入力したファイルそのもの、 いずれでもかまいません。
  4. 図書館で著作権の確認、出版社との調整、メタデータの付与、ファイルの変換と登録のすべてを行います。
登録希望者は上記 1 から 3 の手続きをお願いいたします。
▲このページのトップに戻る

Q5: 昔のもので抜き刷りや印刷体はあるが、電子媒体で持っていないものを登録したいが、どうすればよいのですか?
冊子体で出版されたものについては、図書館で印刷体をスキャニングし PDF 形式でファイルを作成することができます。ただし、SUCRA に登録し公開できるかどうかは、 著作権が学協会や出版社にある場合、許諾を取る必要があります。図書館で確認いたしますので印刷体をご提出ください。許諾を得られない場合もありますのでご承知置きください。
▲このページのトップに戻る

Q6: PDF でもらった抜き刷りはよいのか?
出版社側で作った PDF ファイルはダメであることが多いので、著者最終原稿ファイルをお願いいたします。出版社版 PDF ファイルしか残っていない場合は、 図書館で確認いたしますが、許諾を得られない場合は登録できません。
▲このページのトップに戻る

Q7: 図書館に提出する原稿はどのようなファイル形式でもよいのですか?
どのようなファイル形式でもかまいませんが、多くは Word 形式か PDF 形式となります。Mac で作成した TeX の原稿も問題ありませんが、できれば PDF 化したファイルをご提出していただけると助かります。 映像資料 (動画など) については、標準的な形式 (ASF、FLV、MPEGなど) のものをご提出ください。詳細は図書館にご相談ください。
▲このページのトップに戻る

Q8: 印刷したものしかない場合、本文を送らなくても、SUCRA に登録公開できるかどうか、図書館から調べてもらえますか?
論文タイトル、掲載誌情報 (誌名、巻号、年、出版社等) を教えていただければ図書館で出版社に確認します。単行書 (図書) の場合も同様です。
▲このページのトップに戻る

Q9: 単行本 (図書) は登録できるのでしょうか?
登録対象です。ただし、著作権が譲渡されている場合、出版社から公開許諾が得られるかどうか難しい場合が多々あります。著作権が研究者にあっても、 出版権設定契約や著作物利用許諾契約によって複製権や公衆送信権の権利処理を出版社に委任している場合は、出版社の頭越しに公開することはできません。 いずれにしても、図書館から出版社に確認を行います。
▲このページのトップに戻る

Q10: 授業の資料はどんなものを登録することが可能ですか?
授業等で使用した教材として、ご自身が作成した提示・配布資料、動画などです。ファイルの形式は PDF が原則ですが、PPT、WORD、TeX などでもかまいません。 動画・映像も登録対象です。詳細は図書館にご相談ください。紙でしか残っていないものについては図書館で電子化しますので、 利用許諾書に 「授業名」 「実施年度及びセメスター」 「授業実施日」 などを明記の上、印刷体を図書館にご提供ください。著作権上、他者作成の図表・写真類が含まれる資料については、 すべての著作権者の許諾を得た後に図書館にご提供ください。
▲このページのトップに戻る

Q11: 電子ジャーナルという形でウェブサイトから閲覧できる論文の場合、改めて SUCRA に登録するメリットはあるのでしょうか?
電子ジャーナルは、有料の場合、閲覧できるのは利用契約を締結した研究者または契約機関の研究者に限定されるほか、利用契約を解約すると一切閲覧することができなくなります。 「すべての資料がすべての研究者に永続的に閲覧可能」 ではありません。SUCRA をはじめとする機関リポジトリは、当該機関の研究者の研究成果を出版社サイトとは別個に保存・公開することで、 自由なアクセス (「誰でも、いつでも、どこからでも、無償で」) を保障します。すなわち、登録された研究成果は、世界中の研究者や学習者の目に留まる可能性が高くなります。 これまで学術雑誌購入者や、電子ジャーナルを契約している機関に所属する研究者に限定されていた利用が、インターネット環境にある人すべてが対象となります。 学協会によっては、ウェブサイトから無料で公開している学術雑誌があります。同じものを機関リポジトリに登録する目的は、研究者の研究成果をひとつのサーバに一元的かつまた永続的に保存するとともに、 利用に際しても、研究者の研究成果が一覧できることにあります。
▲このページのトップに戻る

Q12: ファイルの容量に制限はありますか?
特にありません。
▲このページのトップに戻る

Q13: 学会発表資料の場合、対象は Proceeding か、あるいはスライド資料ですか?
両方です。
▲このページのトップに戻る

Q14: 図とテキスト原稿を別々のファイルで提出して登録できますか?
別々でもかまいません。ただし、図書館では図を文中に挿入するなどのレイアウト編集までは行いませんので、テキスト → 図の順で PDF 形式に変換したものを登録します。 図を文中に挿入したりする場合、研究者自身でレイアウト編集し PDF 形式に変換したものを提出してください。
▲このページのトップに戻る

Q15: 修士論文の登録はできますか?
検討中です。
▲このページのトップに戻る

Q16: SUCRA に登録できるコンテンツに 1 人当たりの制限はありますか?
制限はありません。機関リポジトリの主旨からも、文教大学からできるだけ多くの教育研究成果物を発信することを目指しています。
▲このページのトップに戻る

Q17: 未発表論文を SUCRA に登録することは可能でしょうか?
原則として、公表したものが優先されますが、図書館にご相談ください。機関リポジトリや Open Archive などウェブ上で自分の論文を公表する (セルフアーカイビング) と、 以後その論文を学術雑誌や国際・国内会議に投稿または発表する際には 「未発表論文」 とみなされずに、うっかりすると二重投稿扱いになる場合があるのでご注意ください。
▲このページのトップに戻る

Q18: 講演会や研究集会、学会等で発表したものを雑誌に発行する前に一時的に載せ、広く意見を求めるという形で SUCRA に登録することはできますか?
講演会や研究集会、学会で発表済みのものであれば公表済み資料として登録することができます。発表前ですと二重投稿になる可能性があります。 いずれにせよ確認する必要があるので、図書館にご相談ください。
▲このページのトップに戻る

Q19: SUCRA で公開した後に、何らかの事情で削除あるいは訂正したいときはどうすればよいのでしょうか?
ご希望により削除したり訂正したりすることは可能です。図書館の機関リポジトリ担当者までお申し出ください。
▲このページのトップに戻る

Q20: 公開時期を指定することはできますか?
登録の際、「埼玉県地域共同リポジトリ SUCRA 著作物利用許諾書」 の 「登録可能年月日」 欄に希望する公開日をご記入して提出してください。
▲このページのトップに戻る

Q21: SUCRA、すなわち機関リポジトリへの論文登録及び公開は強制または義務ですか?
強制でも義務でもなく、あくまでも任意です。しかし、公開してもよい論文は、可能な限り、SUCRA で公開していただくことを希望します。 教育研究の成果を公開することは、大学の責務を果たすことにつながります。
▲このページのトップに戻る

Q22: 科学研究費成果報告書を登録する必要はありますか?
今後、各機関リポジトリに登録して公開することが一般的になると予想されます。税金を投入した研究成果という観点からアメリカやヨーロッパの一部の国では、 日本でいう科学研究費補助金に当たる税金ベースの研究資金で行った研究の成果としての論文は、すべて機関リポジトリに登録することが求められていますが、日本ではまだこれからの流れです。
▲このページのトップに戻る