1. Home >
  2. 図書館を知る >
  3. 図書館の沿革

図書館の沿革

1985年 4月
情報学部と短期大学部の共用の図書館として湘南図書館創設
延べ面積 2,421㎡ 109,000冊
槌田満文教授 (短期大学部)、初代湘南図書館長就任
1988年 4月
斉藤吉史教授 (情報学部)、図書館長就任
1990年 4月
国際学部新設に伴い、図書館を増築
延べ面積 3,639㎡
AVコーナーを 1 階にオープン
1991年 4月
小川幸一教授 (情報学部)、図書館長就任
1991年 4月
ライブラリー・ツアー、ゼミ向けガイダンス開始
NACSIS-IR (学術情報センターの情報検索用オンラインデータベース) を導入
茅ヶ崎市立図書館と協定を結び、茅ヶ崎市民へのサービスを開始
1993年 4月
矢崎正見教授 (短期大学部)、図書館長就任
1995年 4月
米沢弘教授 (国際学部)、図書館長就任
図書館システム (LIMEDIO UNIX版) の導入
1997年 4月
中西尚道教授 (情報学部)、図書館長就任
1997?
図書館ホームページ開設
1998年 4月
LIMEDIO 全面稼働、OPAC 利用開始
貸出規則改定。教職員・学生の一般貸出冊数を無制限へ。
茅ヶ崎市以外の住民へのサービス開始
1999年 4月
鈴木恒一教授 (国際学部)、図書館長就任
2000年 3月
3 階一般書架増設
2000年10月
入館システム導入。それに伴い学生以外の利用者 ID を変更し、施設利用証を発行
2001年 4月
真鍋龍太郎教授 (情報学部)、図書館長就任
2001年 8月
2 階一般書架、文庫新書架増設
2001年10月
web 版朝日新聞データベース (DNA )と MAGAZINEPLUS、官報情報検索を導入
2002年 1月
開館延長 (平日 20 時まで開館) の試行
SourceOECD を導入
2002年 3月
図書館システム (LIMEDIO windows版) リプレイス
3階一般書架増設
2002年 4月
開館延長 (平日 20 時まで開館) の開始
学生 ILL 無料化開始
「新着・推薦図書コーナー」 開設
図書館のシステムから、予約本通知と督促のメールの発信開始
OPAC から予約・利用状況の照会が可能に
NII の Nacsis-IR は機関別定額制を導入
web 版 読売新聞データベース(ヨミダス)を導入
2002年 5月
「としょかん通信」 の発行を開始
2002年 6月
OPAC コーナーの PC から印刷を可能に
MAGAZINEPLUS の OPAC 連携を開始
2002年10月
寒川町と申し合わせを結び、相互利用を開始
FirstSearch (オンラインデータベース) の学内公開を開始
2002年11月
大宅壮一文庫雑誌記事索引の WEB 版データベースの学内公開を開始
2003年 1月
SwetsWise を導入
2003年 4月
毎日News パック (毎日新聞記事データベース) を導入
ProQuest、EBSCOhost を導入
2003年 8月
2階カーペット全面張替え
2003年 9月
電子ジャーナル講習会を開催
2003年10月
図書館内、全面禁煙へ
本学紀要の電子版 (PDF版) をホームページ上で公開
2004年 3月
部局用図書館業務ガイドの web 版を学内に公開
2004年 4月
図書館での認証にLDAP を導入。図書館で使うID、パスワードが学内のネットワークに入る ID、パスワードと同一に。
2004年 8月
3階カーペット全面張替え
2004年 9月
電子ジャーナル講習会を開催
2005年 4月
電子ジャーナルの検索システムとして EBSCO A to Z と EBSCO EJS を導入
JapanKnowledge (ジャパンナレッジ)導入
日経 BP 記事検索サービス導入
専任教職員の利用者カードが 「職員証」 に移行
大学院開設に伴い、大学院生コーナーを設置
2005年 5月
館内個人机で学内LANの使用が可能に
2005年 7月
電子ジャーナル講習会の開催
2006年 1月
電子ジャーナルの SocINDEX with Full Text を導入
2006年 4月
聞蔵II ビジュアル導入
医中誌 (医学中央雑誌) Web 導入
2006年 9月
マイライブラリの稼働
2006年10月
「お薦め掲示板」 設置
2006年11月
申し合せにより、寒川町民ではない本学構成員も寒川総合図書館の利用が可能になる。
2007年 4月
1 号館書庫の利用開始
「としょかん通信」 発行終了
2007年 9月
NewspaperDirect の導入
2008年 4月
AV コーナーの機器を入れ替え
2008年10月
NetLibrary (eBook) の導入
2008年11月
埼玉県地域共同リポジトリ : SUCRA に参加
2008年12月
OPAC で電子ジャーナルのタイトル検索が可能に
2009年 1月
文教大学電子ジャーナルポータルサイト試行
2009年 2月
図書館入口に自動ドアを設置
2009年 4月
椎野信雄教授 (国際学部)、図書館長就任
文教大学電子ジャーナルポータルサイト正式稼働
2009年 6月
MyiLibrary と ScienceDirect の eBook (電子図書) の利用開始
2009年10月
Ebsco host に新たに Hospitality & Tourism Complete を追加
図書館ホームページをリニューアル
2010年 1月
Nutrition and Food Sciences Database の正式導入
SUCRA (共同リポジトリ) への著作物登録の案内と質疑応答事例集を公開
2010年 3月
電子ジャーナルの Proquest の利用が終了
2010年 4月
読売新聞のデータベースを 「ヨミダス歴史館」 にグレードアップ。明治 7 年の創刊号から最新号までの記事が検索・閲覧可能に。
EBSCOhost で心理学分野の全文データベースPsycARTICLESを導入
メディカルオンライン を導入
東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー を導入
ビジネス情報データベースのFactiva.com ファクティバ・ドットコム)を導入
「文教大学の研究支援体制-データベース・電子ジャーナル・リポジトリ」 (PDF) を発行
2010年 5月
文教大学で契約している、データベース・電子ジャーナルの横断検索が可能な 「データベース統合検索 = EHIS」 を導入
2010年 6月
ホテル情報総合検索システム HITS (ヒッツ) を導入
キャリア支援課主催の第3回就職ガイダンスにて、図書館契約データベースの案内を行う
2009年度の学生貸出ランキング をアップ
2010年 7月
SUCRA についての情報を集めた 「SUCRA関連情報」 サイトを公開
2010年 9月
文献管理・論文執筆支援ツールの EndNote Web を導入
湘南図書館所蔵の 「春秋隅田川図屏風」 が、江戸東京博物館で行われている 『特別展 隅田川』 に出展される
2010年10月
学術雑誌の影響力や利用度、重要度を計るインパクトファクターを提供するツールの Journal Citation Reports を導入
ガイダンスの申込み が web から可能に
「お薦め本」サイト 公開
2011年 3月
図書館システム・サーバリプレイスにより LIMEDIO web版に移行
新聞全文データベース Library Press Display のサービス終了
2011年 4月
東日本大震災の影響により開館日程変更
OPAC での図書請求記号をラベルで表示
2011年 9月
ラーニングスクエア、オープン
AV コーナー を 2階に移設
2011年12月
Web ベースの文献管理ソフト 「RefWorks」 を導入
図書館 3階に新聞資料コーナー、地方史コーナーを新設
2012年 2月
OPAC 検索結果詳細画面で図書の表紙を表示
2012年 3月
契約データベースの東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー、LexisNexis JP、LexisNexis Academic の契約終了
2012年 4月
契約データベースの Web of Science、Westlaw Japan、Westlaw International を導入
「文教大学の研究支援体制 第2版」 を発行
2012年 6月
「Web of Science」 「RefWorks」 の教員向け講習会を開催
図書館内で写真部 写真展を開催
2012年 7月
湘南図書館公式 Twitter の運用を開始
2013年 1月
Web版OED (Oxford English Dictioonary) の導入
図書館内にて第2回写真部 写真展を開催
「博物館実習」 受講生による 「行谷遺跡展」 の展示を開始
湘南図書館公式 Facebook の運用開始
2013年 4月
志村正教授 (情報学部)、図書館長就任
2013年 5月
電子書籍配信サービス「Maruzen eBook Library」を導入
「文教大学の研究支援体制 第3版」を発行
2013年 7月
OPAC のブックリスト上に教員名ごとのシラバス掲載図書を設定
2013年10月
図書館所蔵雑誌の中から保存期間の過ぎた雑誌を配布する「雑誌ゆずりますキャンペーン」実施
2013年12月
図書館企画第一弾として「製本講座」を開催
2014年 3月
雑誌コーナーのレイアウト変更
2014年 8月
図書館全フロアの照明を LED に交換
2014年10月
「雑誌ゆずりますキャンペーン」実施
2015年 2月
「後輩に贈る本」 の募集開始
2015年 5月
「文教大学の研究支援体制 第4版」を発行
「国連資料ガイダンス」を実施
2015年 6月
「資格・試験対策資料コーナー」を設置
2015年10月
図書館講座「事件記者が振り返る : 真実を語らないマスコミの実態」を開催
2016年 2月
図書館システムバージョンアップ。LIMEDIO web Linux版へ
2016年 3月
越谷OPAC、湘南OPACを統合
ホームページをスマホ・タブレット対応にリニューアル
2016年 4月
ディスカバリーサービスの「文教サーチ」を導入
越谷図書館の本がOPACから予約可能に
貸出の延長がOPACから可能に
国際連合大学ライブラリーと相互利用の協定を締結
2016年10月
2階西側に「コラボエリア」を設置
2016年11月
図書館講座「現役書店員にならう! プロのPOP作成術」を開催
2017年 4月
飯野守教授(情報学部)、図書館長就任