1. Home >
  2. 図書館を使う >
  3. ラーニングスクエア(図書館学習支援室)

ラーニングスクエア (図書館学習支援室)

ラーニングスクエア

「ラーニングスクエア」 (LS: Learning Square) とは、「複数の学生が集まって自学自習するための共有スペース」 の当館における名称です (一般に、ラーニング・コモンズと言われています)。「Square」 には広場・街区・公園の意味があります。学習する広場・溜り場との意味合いを込めて、この名称をつけました。

2011年9月20日、湘南図書館は皆さんの自律的な学習を支援するために、図書館1階 (旧AVコーナー、グループ閲覧室) にラーニングスクエアをオープンしました。

各種スペース / サービス案内

ラーニングスクエアは、個人・グループワーク、プレゼン・ゼミ発表の準備、小人数クラス授業、司書による学習支援 (レファレンス含む) など多目的に利用可能なスペースです。 紙媒体の図書・雑誌は元より各種データベ-ス・電子ジャ-ナルなど電子情報資源も活用した多目的な学習スペ-スとして、下記のエリア/ブース(席)を設けています。
※ 利用対象者は、原則として本学学生・教職員です (生涯学習センターの受講生は利用できません。)

◆ 個人用PCエリア
15席あります。デスクトップPC の利用者優先席です。Office 2013、Evernote等のソフトがインストールされていてマイドキュメントやpublicフォルダも利用可能です。
◆ グループワークエリア
24席あります。机・椅子・ホワイトボードは可動式、人数に合わせて机・椅子を自由にレイアウトしてください。
◆ プレゼンエリア
プレゼンルーム (8席 × 2)、サブプレゼンエリア (10席×2、モニター2台)
このエリアの利用は、原則として、事前予約のゼミやグループを優先します。また、プロジェクター、モニター、書画カメラなどの機器も使えます。
◆ 支援スタッフブース
従来のレファレンスサービス (文献探索、事項調査、利用教育) に加え、情報リテラシーやライティングなどのサポートをします。
◆ くつろぎエリア
学習や話し合いに疲れたときに、ほっと一息つけるエリアです。時々、展示等も行っています。

エリアの利用について

【優先順位】
  1. 催事 (図書館が行うあるいは協力するガインダンス・催事)
  2. 授業・ゼミ
  3. 授業・ゼミ関係の学習グループ
  4. サークル活動または自主的なグループ活動 (利用の目的との合致度にもよる)
【制 限】
同一曜日の同一時限の継続的予約を制限します。原則として毎週予約の申込みが必要になります。また、その他の事情で制限することもあります。

機器・備品類の利用・貸出について

開室期間・時間、予約

原則として、図書館の開館期間・時間中にご利用が可能です。「各季休暇期間」(夏/冬/春期) は、本学湘南キャンパスのカレンダーに拠ります。 なお、グループワークエリアやプレゼンエリアのスペースは、予約を優先といたします。

問合せ先
図書館ラーニングスクエア担当
tel: 0467-53-2111 内線 502 またはは 512 (担当:蔵本)
e-mail: sref@stf.bunkyo.ac.jp
◇ ラーニングスクエア開室時間 ◇
カテゴリー 曜 日 時 間
授業・試験期間中 平 日 9 : 10 - 20 : 00
土 曜 9 : 10 - 16 : 00
上記以外の期間 平 日 9 : 10 - 17 : 00
土 曜 9 : 10 - 12 : 00

※ 図書館貸出ノートPC は当日の閉室 30分前 までに返却してください。

ご利用にあたって (お願い)

図書館内、他の閲覧スペースと同様、利用の際にはマナーを守ってください。特にラーニングスクエアの全エリアは、次の諸点に注意してください。

※「ラーニングスクエアの利用ルール(運用方針)について」は「規程集」でもご覧になれます。