学校法人 文教大学学園について 理事長メッセージ

文教大学

学園案内

理事長メッセージ

学校法人 文教大学学園 理事長 野島正也 学園で学ぶ若い人達が、未来に向けて力強く羽ばたいていけるよう、今後も最大限の努力を傾注していく所存です

   文教大学学園は、本年10月に創立90周年を迎えます。おかげさまで、現在では大学・大学院を中核として、付属幼稚園、小学校、中学校、高等学校を擁し、園児・児童・生徒・学生総数1万人を超える総合学園に発展することができました。

   国内外で社会・経済等の構造が著しく変化する現在の状況の中にあって、私たちは学校法人として、将来をしっかり見据えて、時代を切り拓く優れた人材の養成にいっそう磨きをかける必要をますます痛感しています。

   本学園は、「人間愛」を建学の理念としています。学園は「人間愛」をこのように考えています。「人間愛とは、人間性の絶対的尊厳と、その無限の発展性とを確信し、すべての人間を信じ、尊重し、あたたかく慈しみ、優しく思いやり、育むことである」。

   これは少々硬い表現かもしれませんが、私はこう思っています。「人間愛」をどのように受け止めるかは、人それぞれです。それを、ある人は「思いやり」、ある人は「広い心で人の気持ちを受け入れること」、またある人は「小さな勇気をもつこと」というかもしれません。そうしたそれぞれの「人間愛」の想いを大切にして、日々の実践につなげてもらえればいいと思っています。

   学園には、現在4つのキャンパスがあります。越谷キャンパス(埼玉県越谷市)と湘南キャンパス(神奈川県茅ヶ崎市)には大学7学部・大学院5研究科、旗の台キャンパス(東京都品川区)には付属中学校高等学校、付属幼稚園、そして石川台キャンパス(東京都大田区)には付属小学校を設置しています。さらに2021年には東京都足立区に大学3つ目のキャンパス(東京あだちキャンパス(仮称))が誕生します。

   私は、これらすべてのキャンパスが「語らいのある、楽しいキャンパス」であるように、これからも改善の努力を続けていきたいと思います。「学校に行くのが楽しい」、「授業が楽しい」、「園庭・校庭で駆け回るのが好き」、「サークルや部活動で仲間とがんばるのが楽しい」、そういう声をあちらこちらで聞ける学園でありたいと思います。このことが「文教大学学園ブランド」の核心であると強く信じています。

   今後も、文教大学学園は「人間愛」のこころを大切にし、園児・児童・生徒・学生、卒業生、父母・保護者、地域の皆様からいっそう信頼され、支持され、そして愛される学園であること。この課題にしっかり向き合っていきたいと思っています。

学校法人 文教大学学園
理事長 野島 正也

問い合わせ