大学案内 大学概要 大学の理念・目的・方針 グローバル化ポリシー

文教大学

大学案内

グローバル化ポリシー(暫定版)

1.意義・考え方

社会のグローバル化の進展を前提に、本学は

  • グローバル社会で活躍できる人材を養成する。
    世界で活躍できる人材を育てるという意味だけでなく、グローバル化した日本で様々な分野で活躍できる人材養成を意識し養成する。本学の各学部でそれぞれ養成している人材が、学部学科固有の分野の力を身に付けた人材となるとともに異文化や多様な価値観を受け入れ、日本語以外を母語とする人々とコミュニケーションが取れ、それらの人々と協同して何かを実現していく力を身につけた人材となれるよう全学的に取り組む。
  • グローバル化に対応した大学に成長する。    
    学問、情報、学生、教員が海外と行きかう大学になるよう、海外協定校を中心に、交換留学生の増加、教員の研究等交流の充実を目指す。
  • 質の高い留学生を確保する。    
    海外から本学への入学志願者を拡大し、質の高い留学生の入学を目指す。目標とする留学生の数、学生中の留学生比率については、検討する。

2.方針

  • (1) 国際交流センターなどグローバル化に対応する学内体制を整備する。
  • (2) 質の高い海外大学との教育研究協定を追求する。
  • (3) 派遣留学及び海外研修プログラムにより学生を積極的に海外に送り出す。
  • (4) 留学生を中心に学内での国際交流を進める。
  • (5) 質の高い一定数の留学生を確保する。
  • (6) 国際的な研究を推進し、また、教職員の国際交流を進める。
  • (7) 国際的な高等教育機関との連絡・連携を図る。

平成26(2014)年8月31日
学長決定

問い合わせ