大学案内 ようこそ学長室へ 学長メッセージ

文教大学

大学案内

学長メッセージ

文教大学学長 近藤研至:文教大学は、今後とも確かな知識と技術の教授に、そして、豊かな人間性の育成にしっかりと取り組んでいきます。

   文教大学は、1966年に立正女子大学として創立され、1976年に校名を変更し、現在は越谷キャンパスと湘南キャンパスにおいて7学部5研究科及び専攻科と外国人留学生別科から成る総合大学へと発展してきました。

   文教大学は、建学の理念として「人間性の絶対的尊厳とその無限の発展性とを確信し、すべての人間を信じ、尊重し、あたたかく慈しみ、優しく思いやり、育むことである」という「人間愛の精神」に基づく教育を掲げています。この「人間愛の精神」を有した人物こそ、これからの社会において最も必要とされる人材であり、文教大学はこうした有意な人材の育成に今後も全力で取り組んでいきます。

   私は、これからの文教大学に必要な二つのビジョンの実現を目指します。ひとつは「プラットフォーム」としての機能を充実させることです。「プラットフォーム」とは、ある機関が他者と他者とを繋ぐ場として機能することを言います。文教大学は、教育活動を通じて有為な人材を社会に送り出し、研究成果あるいは研究活動そのものを社会に提供する機関としての機能を、これまで以上に充実させなければなりません。また、その実現のための体制を整えていかなければなりません。

   二つ目は、「文教大学はホームである」という意識をこれまで以上に醸成することです。私は、文教大学の学生として、卒業生として、また、文教大学の教員として、内と外から立場を変え、様々な視点から文教大学を見てきました。そうした中で感じていることは、文教大学は「居場所を見つけることができる大学である」ということです。授業、ゼミナール、クラス、課外活動など日常生活のあらゆる機会において、学生同士・学生と教職員との交わりの中で自身の居場所を見つけることができ、その結果、自己肯定ができることこそが文教大学最大の魅力です。文教大学で4年間を過ごした学生にとって、この4年間がこれからの自分の根底になったと言えるような、そんな大学であり続けたいと思います。

問い合わせ