Interview

文教の私 / 中学生

キレイな校舎に満ちる、 「やさしさ」と「やる気」。

キレイな校舎に満ちる、 「やさしさ」と「やる気」。

Y.T.さん 中学3年生 ダンス部所属

キレイな校舎に満ちる、
「やさしさ」と「やる気」。

学校見学で最初に感じたこと。それは、校舎がとてもキレイだということでした。これから始まる3年間、さらに高等学校進学を合わせたら計6年間の学校生活。そんなかけがえのない時間を、こんな素敵な場所で過ごせたらと思いました。もちろん、校長先生をはじめ先生方の懇切丁寧な説明を受け、優しそうな先生方の授業を受けてみたいという気持ちも大きな志望理由になりました。

入学後は入学前の印象通りで、先生方との距離はとても近くてアットホーム。休み時間などでも、忙しい合間を縫って他愛のない話を最後まで聞いてくれる先生も多くいらっしゃいます。その反面、授業中は、先生も生徒もみんな真剣。進むスピードも速いので、自然と静かな環境になるのかもしれません。

これまで特に印象に残っている授業は、中学2年時の英語から始まった外国人先生との英会話。会話をすると決まったときは、喜びと驚きでいっぱいになりました。会話中は、日本語を話すことが一切できません。たとえ言葉に詰まったとしても、先生はヒントを与えてくれるだけ(笑)。そんな授業を続けていく内に、次第に積極的に話をする楽しさが生まれてきました。

また、文教は部活動もとても充実しています。私は、ダンス部なのですが、この部活でたくさんのことを学びました。仲間たちと息を合わせる集中力、ダンスの振りを自分たちで考える発想力など、部活で身に付けた経験は私をどんどん成長させてくれています。仲よくしてくれる同級生や後輩、そしていつも優しくしてくださる先輩たちには感謝しかありません。

文教にはアットホームに迎えてくれる先生方、優しく接してくれる先輩方がいます。キレイな校舎も待っています。受験はツラいと思いますが頑張ってください。いろいろな楽しみが文教には待っています!

OTHERS

今とこれから、一人ひとりの文教への思い。

Interview

文教の私 / 高校生

勉強する姿勢が変わった
先生からの意外なひと言。

詳細を見る >

Interview

文教の私 / 教諭

生徒から「なんで?」を
引き出す授業づくりを。

詳細を見る >