ニュース

文教大学

2017.11.20イベント

【湘南校舎】国際学部主催シンポジウム「現代社会における戦争像と戦後像」のお知らせ(本学卒業生・作家 高橋弘希氏のご講演あり)

国際学部では、12月2日(土)にシンポジウム「現代社会における戦争像と戦後像」を開催します。

本シンポジウムは、本学国際学部国際理解学科本浜秀彦教授が研究代表の共同研究「現代社会における戦争像と戦後像」の企画で開催されます。戦争体験者を祖父母に持つ、1970年代以降の世代(「戦後第二世代」)に注目して、「戦後第二世代」の言論や表現を、各研究メンバーが、親の戦争経験を伝えられた世代(「戦後第一世代」)との比較を含めた検証・分析をし、考察した戦争と戦後の歴史像を探るシンポジウムです。

申込不要で、入場無料です。どなたでも参加できます。
詳細は、以下のとおりです。

--- シンポジウム 「現代社会における戦争像と戦後像」 ---
1120_01_01.jpg
【日時】 2017年12月2日 13:20~16:30
【会場】 文教大学湘南キャンパス6号館 6101教室
【企画】 国際学部共同研究「現代社会における戦争像と戦後像」
     研究代表:本浜秀彦
【対象者】 どなたでも参加できます
【入場料】 無料
【申込】  不要

【プログラム】
■基調講演:1  13:20~
[演題]  「自著『指の骨』について語る」
[講演者] 高橋弘希氏(作家 本学文学部中国語中国文学科卒業生)

■公開インタビュー  13:50~
高橋弘希氏への公開インタビュー

■基調講演:2  14:20~
[演題]  「戦後的思考/戦後的思考とその先へ ―戦後史をあらためて考える」
[講演者] 成田龍一(日本女子大学教授)

■パネルディスカッション  15:10~
[テーマ]   「現代の文学が描く戦争・労働・格差社会」
[パネリスト] 楜沢健氏(文学評論家 早稲田大学講師)
        成田龍一氏(日本女子大学教授)
        奥田孝晴(文教大学国際学部教授)
[司会]      本浜秀彦(文教大学国際学部教授)

■フロアを交えての質疑応答

【問い合わせ】本浜秀彦:motohama@shonan.bunkyo.ac.jp

問い合わせ