ニュース

文教大学

2018.11.21イベント

【湘南校舎】情報学部メディア表現学科連続特別講義「放送・映像表現を拓く」第5回 映画女優・秋吉久美子先生の講義のお知らせ

11月27日(火)湘南校舎におきまして、40年以上にわたって映画の第一線で活躍を続けられている映画女優・秋吉久美子先生をお迎えし、メディア表現学科連続特別講義「放送・映像表現を拓く」第5回『映画、その官能的カタルシス~秋吉久美子・女優であること、演ずること~』を開講します。

詳細は以下のとおりです。

メディア表現学科連続特別講義 「放送・映像表現を拓く」第5回
『映画、その官能的カタルシス~秋吉久美子・女優であること、演ずること~』

【 日  時 】 11月27日(火)15:00~16:30 
【 会  場 】 湘南キャンパス3号館1階 3114教室
【 対  象 】 文教大学の全学部生、全教職員
【 特別講師 】 秋吉久美子 先生(映画女優)
【講義テーマ】 『映画、その官能的カタルシス~秋吉久美子・女優であること、演ずること~』
【 概  要 】
俳優は感情の巧みな翻訳者ではなく、映画はストーリー テーラーではない。求めるものは、観客と俳優、そして、制作サイドの意図するものが圧倒的共感を持って、上映時間をエネルギーで満たすこと。美術、音楽、が、編集のリズムと共に、躍動感で観客に迫り、俳優と観客のボーダーラインが、いつしかなくなり、融合された共感を通して、カタルシスの現場となることと信じる。これは一女優、秋吉久美子の、演技に対する真摯な思いである。(秋吉久美子)

20181120_01_01.jpg
特別講師:秋吉久美子 先生(映画女優)


【 プロフィール 】
1972年 女優デビュー。
1973年 「十六歳の戦争」で初主演。
1974年 「赤ちょうちん」、「妹」、「バージンブルース」
     (第11回ゴールデンアロー映画新人賞、プロデューサー協会新人賞)
1976年 「さらば夏の光よ」、「あにいもうと」
     (第19回ブルーリボン賞主演女優賞、第1回報知映画賞主演女優賞、第31回毎日映画コンクール女優演技賞)
     「晩夏」(アジア映画賞主演女優賞)
     「下町のおんな 風子」(文部省芸術選奨放送部門新人賞)
1977年 「男はつらいよ寅次郎物語」(日刊スポーツ映画大賞助演女優賞)
1989年 「異人たちとの夏」
     (第62回キネマ旬報賞助演女優賞、第44回毎日映画コンクール女優助演賞、
     第31回ブルーリボン賞助演女優賞、第13回くまもと映画祭女優賞)
1990年 「誘惑者」(国際評論家賞、東京国際映画祭さくらシルバー賞)
1995年 「深い河」
     (モントリオール映画祭作品賞、第19回山路ふみ子映画賞女優賞、
     第5回日本映画評論家賞女優賞、第19回日本アカデミー賞優秀主演女優賞)
2005年 「透光の樹」(第14回日本映画評論家賞主演女優賞)
2013年 『「わたし」の人生(みち)我が命のタンゴ』(モナコ国際映画祭主演女優賞)

40年以上にわたりなど映画の第一線で活躍、国内外の映画賞を数多く受賞。
早稲田大学大学院修士課程修了。

【問い合わせ先】 noritake@shonan.bunkyo.ac.jp
         メディア表現学科『映画史』担当 竹林紀雄

問い合わせ