ニュース

文教大学

2019.03.12お知らせ

【越谷校舎】図書館職員 藤倉恵一さんが、私立大学図書館協会の「2018年度協会賞」を受賞しました

図書館職員 藤倉恵一さんが私立大学図書館協会の「2018年度協会賞」を受賞しました。

私立大学図書館協会は、大学図書館の改善発展を図ることを目的とし、これに関する調査・研究及びその成果の刊行、研究会
・講演会等の開催、機関誌の刊行、対外関係活動等の諸事業を行っています。

受賞の概要
・種別 第1部(図書館・情報学の研究・調査業績)
    図書館・情報学一般部門<協会賞授与規程第3条の(1)>
・業績 『日本十進分類法の成立と展開:日本の「標準」への道程1928-1949』樹村房2018.10.1

今回の受賞は、藤倉恵一さんが、日本図書館協会分類委員を長く務め、豊富な図書館業務経験をもとに、主体的、意欲的に取り組んだ成果です。
長期間に亘る研鑽を背景として、日本十進分類法(NDC)の歴史的変遷を辿った労作であり、加盟館のみならず、広く図書館員の知識と理解を深める内容である点が、評価され、採択ポイントに該当したため、協会賞の受賞となりました。

問い合わせ