ニュース

文教大学

2018.12.13メディア情報

【湘南校舎】情報学部メディア表現学科の酒井信准教授の著書に対する書評が、図書新聞 第3379号に掲載されました

情報学部メディア表現学科の酒井信准教授の著書『吉田修一論 現代小説の風土と訛り』(左右社)に対する書評が、図書新聞 第3379号に掲載されました。詳細は下記のとおりです。

【掲載誌】 図書新聞 第3379号 2018年12月8日
【タイトル】ノイズは白昼夢の路地裏に生い立つ――思考を誘発する侮りがたい力
【関連URL】http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/shinbun_list.php?shinbunno=3379
【評者】三輪太郎(作家・評論家、東海大学教授)

問い合わせ