ニュース

文教大学

2016.04.07文教生の活動

【湘南校舎】情報学部メディア表現学科酒井信ゼミの学生が平成27年度「未来茅ヶ崎市」政策コンテストで市長賞と企画部長賞を受賞しました

3月5日に、平成27年度「未来茅ヶ崎市」政策コンテストが茅ヶ崎市役所本庁舎開催され、情報学部メディア表現学科酒井信ゼミの学生グループが、市長賞と企画部長賞を獲得しました。

市長賞を獲得したのは酒井ゼミ3年生のグループ「チームパンよりご飯」で、決勝では「茅ヶ民ハッピープロジェクト~楽しいが生まれる町~」という発表を行い。以下の重点政策について発表しました。

重点政策1:外国人人口率5%を目指す!海の近くに住みたい人やベトナム人がターゲット。
重点政策2:海をすべて満喫することができる、日本唯一の場所。マリンスポーツ、BBQ、ビールの街としてブランド化。
重点政策3:茅ヶ崎市民の心と身体の健康を保つ。
【メンバー:池田 果歩さん、江原 杏菜さん、西脇 美季さん、佐藤 恭平さん】

企画部長賞を獲得したのは、酒井ゼミ3年生のグループ「酒井ゼミ ましゅまろチーム」で、決勝では「アロハで笑顔!人の集まる国際都市Chigasaki」という発表を行い。以下の重点政策について発表しました。

重点政策1:アロハで楽しい!ホノルルと姉妹都市だということを活かし、観光産業 を発展させる。
重点政策2:アロハで健康!茅ヶ崎の気候と土地を活かした健康的な都市を目指す。
重点政策3:アロハで結婚!質の高い教育と充実した雇用で暮らしたい街No.1。
【メンバー:神保 美幸さん、高橋 聖哉さん、野﨑 千惠さん、野村 航平さん、林 優菜さん】

文教大学情報学部メディア表現学科では、学生が主体となって地域活性化に貢献するための広報・プレゼンテーション活動をサポートしています。


関連サイト:2015年度 「未来茅ヶ崎市」政策コンテスト

問い合わせ