ニュース

文教大学

2016.04.27メディア情報文教生の活動

【湘南校舎】国際学部国際観光学科海津ゼミと情報学部情報社会学科村井ゼミの学生が神奈川県の大山・大磯のPVを制作しました。

国際学部国際観光学科海津ゆりえゼミの関根早耶加さん、中村彩乃さんと、情報学部情報社会学科村井睦ゼミの池田頌華さん、牛山綾花さん、増渕拓人さんの5名が、神奈川県との連携事業「新たな観光の核づくり事業」で大山地域と大磯地域のPV(プロモーションビデオ)を制作し、4月27日に公開されました。

この事業は、神奈川県が横浜・鎌倉・箱根に加えて新たな国際観光地の創出に向けて平成24年度から行われている取り組みで、平成25年度には、「大山」と「大磯」地域が選ばれました。この事業を主管する神奈川県湘南地域県政総合センターでは、事業の推進を図るため、本学の他、東海大学と産業能率大学と連携し、学生ならではの視点を活かして、大山地域と大磯地域の新たな観光資源の発掘や既存の観光資源のブラッシュアップをする取り組みを行っています。

平成27年度の取り組みは、大山と大磯の両地域のPV制作でした。制作には、7月の撮影開始から約7カ月間をかけて、撮影や取材、編集作業を続け、学生がそれぞれの地域の魅力を動画にまとめました。完成したPVは、今後、大山と大磯のPRムービーとして使用されます。

今回の事業で制作したPVは下記をご覧ください。

【大山地域編】 
YouTube URL:https://youtu.be/5b6X4cFPG2c

【大磯地域編】 
YouTube URL:https://youtu.be/HJHxjQDHPJI

「新たな観光の核づくり事業」に関する詳細は下記の関連サイトをご確認ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7631/p1030178.html

【関連記事】
■2016年4月28日 日本経済新聞 神奈川版 「大山・大磯見どころ紹介 大学生が観光PR動画 県、サイトで公開」

問い合わせ