ニュース

文教大学

2016.12.16文教生の活動

【湘南校舎】国際NGO団体Habitat for Humanity の文教大学支部Karonが最寄駅から文教大学までの道のりを歩いてゴミ拾いをする"2wayゴミ拾い"を実施しました

12月10日(土)、途上国の住環境問題に取り組む国際NGO団体Habitat for Humanity の文教大学支部Karonのメンバー12名が、最寄駅の茅ヶ崎駅と湘南台駅から文教大学までの道のりを約3時間かけてゴミ拾いをしました。ゴミ拾い中、「ご苦労さま。ありがとう。」と温かい声をかけてくださる地域の方もおり、その言葉を励みに5km以上の道のりを全員で進みました。

2つの最寄り駅から文教大学まで向かうこの"2wayゴミ拾い"は、今回で4回目。今後も継続して行う予定です。

また、今回拾ったゴミの中で多かったのは、タバコの吸い殻や空き缶、ペットボトルなど、個人の意識で減らせるものでした。参加した学生は、「今後は『ゴミを拾う』だけでなく、地域のために『ゴミを捨てさせない』ための活動もしていきたい」と語っています。

問い合わせ