ニュース

文教大学

2017.05.16文教生の活動

【湘南校舎】健康栄養学部が『大学は美味しい!!』フェアでオリジナル商品を販売します

健康栄養学部が、オリジナルのどら焼き「レジどら~紅天使de腸活~」を開発し、第10回『大学は美味しい!!』フェアに出店します。販売する「レジどら」は、イベントでの限定販売です。この機会にぜひご賞味ください。

また、開催期間中に出店大学の教員による講演会も開催され、本大学の健康栄養学部 笠岡誠一教授も講演します。

【『大学は美味しい!!』フェア】
期間:5月18日(木)~23日(火)
場所:新宿高島屋11F 催会場
特設サイト:https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/daigaku2017/index.html

【『大学は美味しい!!』フェア 講演会】
日時:5月21日(日) 13:40~14:10
講演者:笠岡誠一教授
講演テーマ:「紅天使焼き芋で腸活!!」

「レジどら」を開発したのは、2017年3月卒業した笠岡ゼミの森陽香さん、安田知加さん、九島菜奈さん、宮田優樹さんのチーム。「レジどら」には、横浜・藤沢のJ‐オイルミルズが開発したニュータイプのレジスタントスターチ(食物繊維と同様の働きをするデンプン)を配合し、餡に使用するさつま芋には、茨城県のポテトかいつかの紅天使を使用しています。

また、当日は、この商品の『お腹の調子を整える』ことを説明するチラシも配布します。説明の内容は、2016年3月に卒業した同ゼミ3期生の鈴木聡美さん、田辺可奈さん、小森ゆみ子さんと理化学研究所・辨野義己特別研究室の共同研究によるものです。研究結果は学術論文として掲載されました(日本栄養・食糧学会誌)。

論文:さつまいもの摂取が女子大学生の排便状況ならびに腸内常在菌構成に及ぼす影響

「レジどら」の紹介PVはこちら。

「レジどら~紅天使de腸活~」

共同研究をした3期生

問い合わせ