ニュース

文教大学

2018.05.11文教生の活動

【湘南校舎】国際学部海津ゼミの学生が大学連携事業で大山・大磯地域の観光PRグッズのデザインを行いました

国際学部海津ゼミの飯田仁美さんが、神奈川県と管内の大学(文教大学、東海大学、産業能率大学)が参加する連携事業で、観光PRグッズのデザインを制作しました。この事業は、新たな観光の核づくり構想認定地域である「大山地域」「大磯地域」のPRのため、観光キャンペーン等で配布するグッズのデザインを作成するものです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
飯田仁美さんの感想
「今回のプロジェクトは、自分の地元である伊勢原の大山が題材にされていた事を理由に参加を決めました。手描きでクリアファイルをデザインしましたが、実際に訪れた大磯と大山の雰囲気を絵に表す事に苦労しました。現在、伊勢原市に在住していますが、それでも、大磯にはほとんど行ったことがなく、大山についても知らないことが沢山ありました。大学で観光について学んでいますが、もっと自分の地元に目をむけて、地域にある資源の理解を深めなければならないと思いました。そしてそれを伝えて行けるように、これからも様々なプロジェクトに参加していきたいと思っています。」
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

問い合わせ