募集終了:【湘南】情報学部 モンゴル異文化理解・共生体験研修 参加者募集のお知らせ

※募集は終了いたしました。たくさんのお申込ありがとうございました。

—–

情報学部では、下記の通り2017年度モンゴル異文化理解・共生体験研修を実施します。

モンゴルの学生からモンゴルを学び、私たちは日本を教える相互学習型研修です。
文教大学の提携校「モンゴル科学技術大学」の優しいモンゴル人学生と一緒に行動して、安心して現地の文化をたっぷり味わえる研修となっています。
締め切りを延長しましたので、最終説明会を開きます。ご都合のよい日に、お気軽にご参加ください。

■この研修の特徴
・文教大学との協定校モンゴル科学技術大学と実施。
※モンゴル科学技術大学は、毎年教員・学生を湘南キャンパスに招待したり、学長などの訪問も受けたりと、文教大学と良好な関係をもっています。文教大学と大学間一般協定を締結している大学です。

・現地の学生(モンゴル科学技術大学)と交流が多い。また、サポートしてもらえるので安心。
・日本語でコミュニケーションできます。日本語を習っているモンゴル人学生が参加。
・首都と草原の2か所を体験できます。
・海外が初めての学生でもだいじょうぶ。
・ユニーク度が高い国で、旅行先としても希少価値があります。
・この研修は情報学部の中で研修として正式な位置づけを与えられており、研修参加者は、情報学部専門科目「海外研修A」または「海外研修B」の単位認定が可能です。

■説明会 時間12:40-13:10 (出入り自由)
5月30日(火):4203教室
6月1日(木):4203教室
6月2日(金):3211教室
6月6日(火):4203教室
6月7日(水):3211教室
6月8日(木):3211教室
6月9日(金):3211教室
※日により説明会の場所が異なります

なお、説明会に出席しなくても、参加申し込みはできます。
また、説明会以外でも、ご質問などがありましたら、国際交流委員(情報システム学科 佐野先生、情報社会学科 関先生、メディア表現学科 岡野)がご説明します。ご遠慮なくお問合せください。

■申込締め切り:6月9日 金曜日 16:40(事務棟2階 国際交流室)

※参加申込を希望する方は「参加申込書」に必要事項をご記入の上、
 申込締切までに国際交流センター国際交流室(事務棟2階)にご提出ください。
 「説明会配布資料(研修概要)」および「参加申込書・誓約書」は下記からダウンロードが可能です。
 また国際交流センター国際交流室でも配布しています。

⇒説明会配布資料(研修概要)
⇒参加申込書・誓約書

■研修日程 8月25日~9月1日
1日目 成田発 ~ ウランバートル着
2日目 モンゴル国立科学技術大学生と交流 伝統舞踊コンサート見学
3日目 大学訪問 市内見学 グループ行動
※グループでタクシーに分乗して、モンゴル人学生に好きなところを案内してもらえます。
4日目 キャンプ場へ移動 文化交流 ゲルホテル泊
※360度の地平線、視界を遮るものがありません。草原滞在中は、夜は半月となるので、満天の星と流星が見られるかも?
5日目 お互いの文化紹介・交流 ゲルホテル泊
6日目 遊牧民ゲル訪問体験 市内へ移動
7日目 市内見学 歓送会
8日目 ウランバートル発 ~ 成田着

■対象者:情報学部生、他(他学部の方も歓迎します)
■研修先: モンゴル国立科学技術大学(MUST)、キャンプ場他
■研修期間:2017年8月25日-9月1日 (8日間)
■参加費用:調整中
■募集人員:15名
■単位認定
この研修により、単位認定が可能です。ただし各科目の必要条件を満たした場合に限ります。
・2014年度以降入学者:「海外研修A」または「海外研修B」<2単位>
※情報学部以外の学部から参加する学生は、情報システム学科専門科目「海外研修A」または「海外研修B」の他学部履修となる。
・2012年度~2013年度入学者:「海外研修」<2単位> ※情報学部以外の学部から参加する学生は、情報システム学科専門科目「海外研修」の他学部履修となる。
・情報社会学科「学外実習A」/「学外実習B」の6ポイントが付与されます。付与の条件は、本海外研修プログラムの全ての活動に参加すること、学外実習の事前、事後レポートを提出することが必要です。「海外研修A」/「海外研修B」の単位付与との同時申請はできません。

文教大学 情報学部 国際交流委員会

 

 


Comments are closed