【越谷・湘南】夏季休業中に海外に渡航する学生の皆さま

夏季休暇中に海外に渡航する際には、次の事項に留意し、安全に十分配慮してください。

1.渡航先の安全について確認する。

(渡航前・渡航中の留意点)
外務省海外安全ホームページでは、日本人が海外に渡航するにあたり、安全確保に関する情報が掲載されています。海外には治安情勢が極度に悪化していることなどの理由から、渡航を避けるべき国や地域があります。渡航先の治安状況や安全対策等について事前に情報を収集しましょう。

2.海外留学・海外渡航にあたっては、必ず外務省のたびレジまたは在留届に登録する。

(3か月以上の滞在者は、旅券法で在留届の提出が義務付けられています。)

 (参考)

3.「自分の身は自分で守る」
海外にいるときは日本にいるとき以上に自らの安全確保について意識して行動する。

4.海外旅行保険の加入について

海外で入院・手術が必要となった場合は、医療費が高額になる場合があります。また、家族が渡航先に複数回訪問する必要が生じて渡航費が高額になる場合もあります。このような事態に備え、必ず海外旅行保険に加入しましょう。

 


Comments are closed