健康栄養学部 食品開発

失敗が将来への自信となった

健康栄養学部 管理栄養学科 鈴木玲奈 健康栄養学部 管理栄養学科 竹内あすか

健康栄養学部では、栄養に関する知識の習得に加え、
栄養が人体に及ぼす影響を研究し、
国家資格である「管理栄養士」の取得を目指します。
ゼミナールでより専門的な研究をすることも可能です。

福永ゼミでは一つの
プロジェクトを全員で遂行

食品開発を学べるゼミは複数あるのですが、福永ゼミの特徴は学生が主体となって考え、プロジェクトを進めることです。私はどのようにすれば効率よく様々なことを進められるかを学びたくて福永ゼミを選びました。(竹内)

チームプレーを主体にする福永ゼミでは先生も混ざりながら実際の企業が抱えるプロジェクトに参加していきます。リアルな仕事現場に自分たちが意見を出せるという経験は、きっと将来の役に立つ。そう 感じることが出来たのも、福永ゼミを選んでよかったと思える理由です。(鈴木)

食品開発体験は失敗ばかり

福永ゼミでは、郷土料理を現代風にアレンジしオープンキャンパスで高校生に食べてもらうプロジェクトに参加しました。福岡県の郷土料理を現代風にアレンジしたのですが、既に完成している料理に手を加えることは難しく、色々と試行錯誤をしましたが「あんまり変わらないね」と言われてしまうなど何度も失敗も経験しました。問題を解決するにはゼミの中だけでは時間が足りず、私の家に集まってミーティングを続けたこともありました。(竹内)

私はJAの枝豆やトウモロコシをPRするプロジェクトに参加しました。これは3年生と4年生が共同で進めるプロジェクトです。枝豆やトウモロコシを調理するときは塩茹でがすぐに思い浮かびますが、私たちは別の調理方法を一緒に紹介するPRを考案しました。しかし、机の上で勉強するのと実際に現場で食品開発をするのでは大違い。新しいレシピを考案し、作ってみても、初めは失敗ばかりでした。(鈴木)

生産者や消費者と触れる
貴重な体験ができた

食品開発のプロジェクトを通じて得たのは、普段接することのできない農家さんや消費者の方と直接話をするという貴重な体験でした。私たちが開発した料理を、私たちよりも一回りも二回りも上の世代の方にまで食べてもらい、その場で感想をいただけたんです。この経験はきっと将来の糧になるだろうと感じました。

JAのPRプロジェクトでは朝市の場に屋台を出させていただき、そこで私たちが開発した料理を提供しました。地元の方々にも食べていただき、様々な感想をいただき、「美味しい」といって食べて下さった方々の笑顔は一生忘れません。特に小さなお子さんの笑顔はとても印象的でした。(鈴木)

将来の夢に繋がる商品開発体験

私は将来、自分のカフェを持ちたいと考えているのですが、福永ゼミで商品開発に携わることで、その夢の実現に必要な多くのことを学びました。例えば、商品一つを手にとっても沢山の人が関わっている。中でも生産者である農家さんは一人ではなく、その思いも様々です。誰がどの商品に対してどんなこだわりを持ち、自分はそれをどう押し出すか。自分勝手な意見だけではお店は回りませんし、商品も作れないことを実感しました。(竹内)

社会に出れば、個人プレーよりもチームプレーが多くなると思いますが、チームプレー100%の福永ゼミに参加できたことは私にとって大きかったと感じています。仲間と意見を出し合い、時にぶつかりながら、協力してより良いものを作ることの素晴らしさを実感しました。自分の意見が通らないもどかしさを感じながらも、それでも良い結果を残すために協力し、使命感をもって取り組むことの大切さ。同じ職場の仲間やクライアントなど、これから出会う様々な人とどのようにコミュニケーションをとって距離を縮めればよいか。社会で求められている能力がすごく身についたと思います。(鈴木)

Message
受験生へのメッセージ

文教大学は固いルールにとらわれず、生徒の自主性ややる気、能力を大切にしてくれる大学です。何かやりたいと思ったとき、それを声に出せば先生は必ず手を差し伸べてくれます。私が所属していた福永ゼミでも、意見を出せば先生や仲間が助けてくれました。しかし、逆を言えば意見を出さないと何も始まりません。まずは「商品開発をしてみたい」「こんなレシピを作ってみたい」とやりたいことをはっきりさせること。そうすれば、きっと実現できます。そのための技術も、確実に上がっていきますよ。(竹内)

健康栄養学部の学生には、国家資格をとって管理栄養士になるという大きな目標があります。管理栄養士専門の養成校も沢山ある中で、私は文教大学を、福永ゼミを選んでよかったと思います。福永ゼミでは栄養学を管理栄養士のための知識として用いるだけではなく、食品開発や企業連携などで社会でも活かせる知識として学べます。将来は様々な道を選ぶことも可能なゼミの講義内容は他の学校やゼミにはない特徴だと思います。(鈴木)