What's New

学内 お知らせ

2016/12/18

12/21(水) 経営情報学科の卒業研究発表会を開催します

経営情報学科・卒業発表会の開催

経営情報学科長 志村 正

 言うまでもなく、大学は学びの場です。大学で学んだことを形にするのが卒業論文です。いわば、卒業論文は大学生活の集大成と言えます。卒業後、何十年かたち、振り返ると、悪戦苦闘の連続で書き上げた卒業論文は、いつまでたっても良い思い出、人生の貴重な財産になるはずです。
大学生活を含め、これまでの20年余りの人生で、こんなに文章を書いたことはないのではないでしょうか。しかも、ゼミの先生の指導下とはいえ、1つのテーマに向かってひとりで努力してきたことはなかったにちがいありません。皆さんは、これからの人生でも、あるかないかの経験をしたことになります。自分の仕上げた論文を人前で発表することはほとんどないかもしれません。
もっとも社会に出てから、何かの商品の企画や業務改善の提案をする機会があると思います。そのようなとき、皆さんが卒業論文を発表したことが想起されてくることもあるでしょう。またその経験が生きてくると思います。どうか、発表会ではよく準備して臨んでくださることを期待しています。後輩の皆さんも、先輩方の発表の場に参加して応援してあげてください。そうするなら、励みの多い発表会になるに違いありませんし、発表会を成功させることができるでしょう。

【傍聴ルール】
・静かにしましょう
・メモを取りましょう
・質問を考えましょう
・質問しましょう
 【発表方法(1 人)】
発表時間:12 分 質疑応答:3 分
開始 10 分後 ベル 1 回
開始 12 分後 ベル 2 回
開始 15 分後 ベル 3 回
※時間厳守

 

2016年度 卒業研究発表会プログラム

    • 第1回 発表会 2016年12年21日(水) 9:20~13:15
      ・第1会場:1101教室
      ・第2会場:1301教室
      ・第3会場:1402教室
      ・第4会場:1404教室
      ・第5会場:1407教室
    • 第2回 発表会 2017年1月18日(水) 予定

入学予定者 お知らせ

2016/12/15

入学前教育(UP講座)始まる!大学入学前に差をつけよう

入学前教育(UP講座)始まる!

推薦・AO入試合格者の皆さんに、4月大学入学までの時間を有意義に過ごしてもらうために、
以下の4つの入学前UP講座を開催しています。

①簿記UP:日商簿記3級試験合格を目指そう!:スクーリング6回+添削指導+自宅学習(オンライン学習)

②英語UP:実践的な英語を身につけよう!:自宅PCから大学教育システムに接続・参加

③経済・経営の基礎UP:経済・経営のキーワードを調べよう!:自宅学習

④経営学部『学び』準備UP:自分の頭で考えるクセをつけよう!:自宅学習

【簿記UPスクーリング日程】  湘南キャンパス1202教室(1号館2階)

第1回「終了」  平成28年12月10日(土)10:00~15:00

第2回  平成28年12月17日(土)10:00~15:00

第3回  平成29年1月7日(土)10:00~15:00

第4回  平成29年1月21日(土)10:00~15:00

第5回  平成29年1月28日(土)10:00~15:00

第6回  平成29年2月18日(土)10:00~15:00

 詳細については、合格通知同封の『入学前UP講座のご案内』をご覧ください。
入学前UP講座は任意参加ですが、多くの皆さんの積極的な参加をお待ちしています。
スクーリングは一部参加もOKです。

お問合せ先:keieiup(at)shonan.bunkyo.ac.jp
※(at)をアットマークに変更してメール送信してください。
お問合せに際し、メール件名(「簿記」「英語」「経済・経営」「
学び準備」など)の記載をお願いします。

教育・研究活動

2016/12/02

【経営学部セミナー】11/30(水) 「ブランドの資産価値― いろいろなブランド価値評価モデルの特徴とブランド価値に影響を与える因子 ― 」を開催しました

講師:福田 正彦 先生
会場:3号館2階3211セミナー室 13時30分~14時45分
ブランドの資産価値― いろいろなブランド価値評価モデルの特徴とブランド価値に影響を与える因子 ― と題し,各企業が有するブランドの価値をどのように定量化していくかとの話題を,会計における扱いの考え方の流れと背景から実際に導出するモデルの評価に至る研究成果についてわかりやすくご講演いただきました.参加者は6名〈教員6名〉でした.その後のディスカッションでは,企業の「のれん代」と「ブランド」の違いや,統計モデルの改善に向かたアイディアのやり取りなどに話題が広がり,議論が大いに盛り上がりました.
dsc02704-20161202
dsc02711-20161202
dsc02718-20161202
%e7%b5%8c%e5%96%b6%e5%ad%a6%e9%83%a8%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc_%e7%a6%8f%e7%94%b0