令和元年度人間科学部卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 ご父母やご家族の皆さま、お子様がたの卒業、誠におめでとうございます。

 今年度は卒業式典と学位記授与式が新型コロナウィルスによる肺炎発生の影響で中止となりました。皆さんにとっては大変残念なことかと思います。学部の教員一同としても残念ですが、皆さんの卒業を祝福したい気持ちには変わりありません。学位記授与式での挨拶に代えて、卒業生の皆さんへのお祝いの言葉を贈りたいと思います。読んでいただければ幸いです。

 さて、最近サステイナビリティ(持続可能性)という言葉をよく聞きます。国連が主導し、日本でも多くの企業や団体で取り組んでいるSDGs(エスディージーズ)も、持続可能な開発計画ということで、2030年までに地球レベルでの貧困や飢餓の解消、健康な生活の確保など、17の目標を掲げています。そのほかにもサステイナビリティは、頻発する自然災害への対応、国際環境の急激な変化への対処など、さまざまな場面で使われています。目の前のことに全力投球していれば、自然に未来は開けるといった漠然とした期待はもはや過去のものとなり、将来に対する想像力(イマジネーション)がとても大事になっている時代、それがサステイナビリティの時代なのだと思います。

 今回の新型コロナウィルスに対応した様々な動きも、個人の生命の維持を第一優先にした、世界レベルでのサステイナビリティ確保の動きと考えることができるでしょう。しかし、残念ながら人類はまだこの新型ウィルスに効果のある薬のことを知らず、発生を抑えるための手立ても十分にわかっていません。

 つまり、サステイナビリティを確保するためには、目標を作って頑張ろうと思うだけではだめで、様々な具体策、知識と情報、そして何よりも豊かな想像力が必要なのだと思います。

 多くの皆さんは、6・3・3・4と16年の学びの時間を終えて卒業の時を迎えました。この学びの時間は何のためにあったのかと問われたら皆さんはなんと答えるでしょうか。もちろん、一通りの答えがあるような問いかけではありませんから、一人ひとりの中に別々の答えがあっていいのですが、私はその答えの1つは、皆さん自身のサステイナビリティを高めるためだと、昨今の状況から答えたいと思います。

 ここでいうサステイナビリティには様々な意味が含まれます。まずは健康を維持して元気に生活できること、これは外せないでしょう。それぞれの新しい環境の中で、周囲の期待に応えながら成果を挙げていくこと、あるいは稼げること。社会関係を維持して仲間やパートナーを作ること、あるいは、近い将来ないし少し先の将来に向けて生き方やキャリアの可能性を広げていくこと、これら全てがサステイナビリティの要素です。

 「サステイナビリティを高めるため」そのように考えると、学びの時間は卒業で終わりというわけにはいかなくなります。もちろん学びのスタイルは学生時代に比べて多様になるでしょう。授業を聞いて、レポートを出して、試験を受けてという学びのスタイルはこれからは少なくなるはずです。新しい経験を楽しむための学び、仕事を通じて仕事の力をつけるための学び、人との出会いを通じての学び、失敗や不幸な出来事を通じての学び、新しい仕事に就くための学び、社会人になってから資格に挑戦することも人によっては増えるかもしれません。

 こうした多様な学びが皆さん個人のサステイナビリティにつながると思います。4年前に「ライフシフト」という本が出ました。その本の副題は「百年時代の人生戦略」というもので、これをきっかけにして「人生百年時代」ということばが日本で広く使われるようになりました。今の日本の若者の二人に一人は100歳以上まで生きる。こういう時代は今までのように「教育を受ける→仕事をする→老後」という3段階の人生計画ではもたない、というのです。

 それではどう変化していくかというと、今までなかった3つの人生のステップが付け加わるといいます。それは「自分探し」のエクスプローラーの時代、「個人事業者」としてのインディペンデント・プロデューサーの時代、そして「企業で勤めながら他の能力をみがく」ポートフォリオ・ワーカーの時代の3つです。今までの3つの時代が6つの時代に増えるというわけです。当然転職という機会も多くなることでしょう。

 この合計6つの時代は、実は6つの学びと言い換えてもいいくらい学びの要素にあふれています。人生百年時代とは、結局6つの異なるスタイルの学びを通じてサステイナビリティを高め続ける時代と言えるのかもしれません。折角卒業だというのに、これから勉強が始まるってことか、だから学校の先生はいやだな・・・という声がどこからか聞こえてきたような気がします。それは学校の勉強があまり面白くなかった人の声かもしれません。でも安心してください。そのような人にとっても、これからの勉強はきっと面白いから。

ご卒業おめでとうございます。

令和2年3月16日
人間科学部長 益田勉
2020年2月12日

2020年2月7日に、株式会社マイナビと埼玉県が共催する「埼玉プレゼンテーション大会」が開かれ、文教大学人間科学部心理学科ビジネス心理学コース2年生の1チーム4名が参加し、見事優勝しました。 続きを読む・・・
2020年2月12日

2020年1月25日土曜日の午後12号館12101教室にて、永年にわたって文教大学での教育・研究に携わってこられた太田和敬先生と谷口清先生の最終講義が行われました。 続きを読む・・・
2020年1月8日
人間科学部では、「人間科学の日常での学び:ビジュアル学習」を目指して、12号館2階ショーウインドー展示を行っています。2020年1月8日から2020年4月6日まで人間科学部人間科学科の宮地さつき先生にご担当いただき、「サードプレイスにおけるマルトリートメント予防を考える」を展示しています。 続きを読む・・・
2020年1月8日
みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

12号館2階のディスプレイショールームでは、消費者心理に配慮した「心に響く魅力的なディスプレイ」を目指して商品展示を行っています。 続きを読む・・・
2019年12月24日
永年、本学のために貢献された太田和敬先生と谷口清先生が今年度末をもって定年されます。先生方の最終講義を行いますので、ぜひご参加ください。また、最終講義に先立って太田先生と谷口先生を囲んで簡単な昼食会を催しますので、こちらもぜひご参加ください。 続きを読む・・・
2019年12月23日
文教大学では、1月11日に第7回地域連携フォーラム・シンポジウムとして、「子ども・若者が育つ「すき間」の作り方〜地域を〈教育〉で埋め尽くさないために〜」と題した公開シンポジウムを開催いたします(※本イベントは2019年10月12日に開催予定でしたが、台風19号の影響で延期となったものです。) 続きを読む・・・
2019年12月11日

2019年12月10日人間科学部心理学科の秋山美栄子ゼミ主催の「コミュニテイカフェ」が行われ、越谷市内に在住のシニアの皆さまを中心に30名程の方々が参加してくださいました。 続きを読む・・・
2019年11月9日
人間科学部では、「人間科学の日常での学び:ビジュアル学習」を目指して、12号館2階ショーウインドー展示を行っています。

2019年11月9日から2020年1月8日まで、人間科学部臨床心理学科の三浦文子先生にご担当いただき、“グループ・アプローチ:魅力の紹介と今後の展望 ”を展示しています。 続きを読む・・・
2019年11月9日
ディスプレイショールームの展示がクリスマスに変わりました。12号館2階のディスプレイショールームでは、消費者心理に配慮した「心に響く魅力的なディスプレイ」を目指して商品展示を行っています。 続きを読む・・・
2019年10月10日
 10月12日に文教大学第7回地域連携フォーラムとして開催を予定しておりました公開シンポジウム「子ども・若者が育つ「すき間」の作り方〜地域を〈教育〉で埋め尽くさないために〜」は、台風19号の接近に伴い、開催を中止させていただくこととなりました。  なお、本シンポジウムについては、日を改めて開催をさせていただく予定ですので、実施日程が決まり次第、改めてお知らせいたします。
2019年9月30日
文教大学では、10月12日に第7回地域連携フォーラム・シンポジウムとして、「子ども・若者が育つ「すき間」の作り方〜地域を〈教育〉で埋め尽くさないために〜」と題した公開シンポジウムを開催いたします。 続きを読む・・・
2019年9月14日
人間科学部では、「人間科学の日常での学び:ビジュアル学習」を目指して、12号館2階ショーウインドー展示を行っています。2019年9月14日から2019年11月中旬まで人間科学部臨床心理学科の田中志帆先生にご担当いただき、 『 被災者に対する心理的支援 -東日本大震災心理支援センターにおける初動支援プロジェクトの紹介-』を展示しています。 続きを読む・・・
2019年9月14日
ディスプレイショールームの展示がハロウィーンに変わりました。12号館2階のディスプレイショールームでは、消費者心理に配慮した「心に響く魅力的なディスプレイ」を目指して商品展示を行っています。 続きを読む・・・
2019年7月25日

心理学科の増田知尋准教授と草野勉実習支援員が執筆した文教大学に展示されている心理学の貴重な実験機器の紹介が、日本心理学会発行の心理学ワールド86号に掲載されました。 続きを読む・・・
2019年7月3日
人間科学科1年生を対象とした「人間科学の基礎」Aクラスの授業の一環として、ライフ・リテラシーゲームの開発者である加藤千晃さんをお招きし、社会保障の仕組みについて楽しみながら学びました。 続きを読む・・・
2019年7月4日
2019年4月1日より、人間科学部に新しい先生がいらっしゃいました。臨床心理学科の鍛冶美幸先生です。 続きを読む・・・
2019年6月27日
福祉関連実習指導の一環として、6月20日に先輩の体験談を聞きました。 続きを読む・・・
2019年6月24日
  6月20日は世界難民の日。人間科学科の森恭子ゼミでは、難民支援団体ミナー(足立区)と協働して、難民の人たちを文教大学に招待しました。ゼミの学生たちがキャンパスツアーを実施し、日本の地域社会にもある福祉サービス(子育て支援センター、社会福祉協議会、民生委員など)について説明しました。 続きを読む・・・
2019年6月24日
  先週に引き続き、心理学科の3年生6名が、6月20日(木)東京大学医科学研究所附属病院(港区白金台)において「健康心理カウンセリング実習(学外)」の第2回目の事前講義を受講しました。 続きを読む・・・
2019年6月17日
  心理学科「健康心理カウンセリング実習(学外)」の事前講義を受講するため、健康心理学コースおよび心理学コース3年生5名と4年生1名が、6月13日(木)に東京大学医科学研究所附属病院(港区白金台)に行ってきました。 続きを読む・・・
2018年6月12日
2019年6月11日(火)の昼下がり、人間科学部心理学科の秋山美栄子ゼミ主催の「コミュニテイカフェ」が行われ、越谷市内に在住のシニアの皆さまを中心に40名を超える方々が参加されました。。 続きを読む・・・
2019年6月5日
令和元年6月2日(日)に、文教大学越谷キャンパスで「父母と教職員の会」主催の『父母のための一日大学』が開催され、在学生のご父母を中心に沢山の方々にご参加いただくことができました。 続きを読む・・・
2019年5月24日
2019年5月17日(金)に心理学科ビジネス心理学コース3年生の必修科目「ビジネス心理学実習」の一環として、企業訪問と若手社員に対するインタビューが行われました。 続きを読む・・・
2019年4月29日
人間科学科の小林展代さん(宮田ゼミ4年)が、2019年4月27-28日に大阪府堺市で開催された、【全日本パワーリフティング選手権大会】において、女子57㎏級で準優勝、ジュニア女子57㎏級で優勝しました!! 続きを読む・・・
2019年4月10日
オーストラリアで難民支援のコンサルタントをしているオムさん(Om Dhungel)と彼の奥さんが来日し、4月3日に森恭子ゼミを中心とした学生たち、大学院生、大塚学科長と交流しました。 続きを読む・・・
2019年4月5日
ディスプレイショールームの展示がに変わりました。12号館2階のディスプレイショールームでは、消費者心理に配慮した「心に響く魅力的なディスプレイ」を目指して商品展示を行っています。 続きを読む・・・
2019年4月5日
人間科学部では、「人間科学の日常での学び:ビジュアル学習」を目指して、12号館2階ショーウインドー展示を行っています。

2019年4月5日から2019年9月中旬まで、人間科学部心理学科の正木澄江先生にご担当いただき、
”「働くこと」を考える”を展示しています。 続きを読む・・・
Copyright© Bunkyo University Faculty of Human Sciences. Allrights Reserved.