Campus Life

キャンパスライフ

課外実習

国際観光学科の「観光ビジネスプロジェクト演習Ⅰ(理論)」にてSPRING JAPAN(春秋航空日本)との連携講座が開催されました

国際観光学科の種村聡子先生が担当する「観光ビジネスプロジェクト演習Ⅰ(理論)」にてSPRING JAPAN(春秋航空日本)との連携講座が開催されました。種村先生は客室乗務員としての勤務経験をお持ちで、ホスピタリティ・マネジメントや人材育成を専門とされています。

 

「観光ビジネスプロジェクト演習Ⅰ(理論)」は、企業の現状を分析し、ターゲットを絞ったうえで、学生が主体となって商品企画のための企画提案書を作成し、実際に企業担当者へ向けて発表する授業です。当日の様子については、大学公式ホームページの下記の記事も併せてご参照ください。

 

https://www.bunkyo.ac.jp/news/archive/2021/story_35979.php

 

◯授業担当者の種村先生より

現2年生は、1年生の時にオンライン授業が多く、プレゼンテーションが初めてという学生もいました。コロナ禍のためオンラインでの実施となりましたが、みんな堂々と発表することができました。自分たちが調べて考え、企画した内容を実際に言語化することで、文献に書かれている理論を理解するとともに、実社会で実現することの難しさを知ることができたのではないかと思います。秋学期の「観光ビジネスプロジェクト演習Ⅱ(応用演習)」では春学期の調査と提案を踏まえ、より実現可能な取り組みを進めていく予定です。

 

◯参加した学生の感想(一部)

*一つの企画を考えるのがこんなに大変であることを実感しました。また、実現するとなるとよりたくさんの労力が必要になると感じました。どの商品も当たり前のようにお店に並んでいるが、その裏では一弛まぬ努力があることが分かりました。

 

*企業が売り上げを伸ばすには、私たち学生が考えている以上に難しく、簡単に実行できるものでないことを理解しました。

 

*初めてこういったプロジェクトを考える機会があり、自分自身が思っている中での評価と実際に頂いた評価の差に、利益を生むことの難しさを痛感しました。

 

*いろいろ提案したいことはあるのに、費用が多くかかってしまったり、継続していくことができないという問題もあり、コストの面を考えながら商品の開発や提案をしていくことの大切さを感じました。