文学部紀要

第18-1号(2004年)

  内容

タイトル (title) 著者 (author)

表紙(目次)

 

【論文】【ARTICLES】  

銀幕の舞台の交点−一九二〇年代初頭の文明新戯と初期映画の演技様式−= Intersection Between Screen and Stage in 20's China

白井 啓介(Keisuke SHIRAI)
 

『インドへの道』論 (1)−インドという意識 = The Sense of India in A Passage to India  

磯山 甚一(Jinichi ISOYAMA)

美術表現におけるイメージの形成−レオナルドのスケッチと記述による一考察− = Formation of Images in Art: A Study of Leonardo's Sketches and Descriptions

佐倉 香(Kaoru SAKURA)

寛永十一年仙洞能をめぐって−<関寺小町>事件− = A Study on the Series of Noh Plays Staged in 1634 at the Sento Imperial Palace of the Ex-Emperor Gominooin and Circumstances Following the Performance Sekiderakomachi

田口 和夫(Kazuo TAGUCHI)

【研究ノート】【STUDY NOTE】  

『俗文学叢刊』収録図書について (1)−第一輯「戯劇類・総類」− = A Study of the “Materials in the Collection of the Institute of History and Philology” (1)

舟部 淑子(Yoshiko FUNABE)

『北京官話 今古奇觀』の言語について = 關與《北京官話 今古奇觀》的語言

山田 忠司(Tadashi YAMADA)

裏表紙(英文目次 Contents in English)

 

         巻号一覧に戻る