文学部紀要

第20-2号(2006年)

  内容

タイトル (title) 著者 (author)

表紙(目次)

 

 【論文】【ARTICLE】  

1910年代の日韓文学の交点 − <白樺>・<青鞜>と羅寰 = The Encounter Between Japanese and Korean Literature in the late Meiji and early Taisho Era: Shirakaba (White Birch), Seito(Bluestockings), and Na Hesok

江種 満子(Mitsuko EGUSA)

アラゴンの小説技法(3) − 散文の中の音声性 = L’art romanesque d’Aragon (3) : l’oralite dans la prose

山本 卓(Takashi YAMAMOTO)

顧炎武にとっての古音研究 −「音学五書敘」および「答李子徳書」から = The meaning of phonology for Gu Yanwu : Mainly through Yinxue Wushu Xu and Da Li Zide Shu

渡邉 大(Dai WATANABE)

裏表紙(英文目次 Contents in English)

 

         巻号一覧に戻る