ニュース

文教大学

2019.07.16イベント

【越谷校舎】教育学部 平正人准教授が「ビブリオバトル実践講座 -体験から企画まで- 」を行いました

 7月14日(日)、教育学部学校教育課程社会専修の平正人准教授が、栃木県教育委員会主催「令和元年度高校生読書活動推進事業 読書活動推進リーダー 読書コンシェルジュ育成研修」(栃木県庁東館4階講堂)で、公開講座「ビブリオバトル実践講座 -体験から企画まで─」を担当しました。平准教授は、昨年度も同事業の公開講座を担当し、今年度の参加者は高校生が昨年の60人から80人に増加し、一般参加者の数もおよそ20人となりました。

 公開講座は、高校性を13グループ、一般参加者を4グループに分け、まずは、それぞれのグループが公式ルールにしたがってビブリオバトルを体験し、その後グループのメンバーをすべて入れ替えて、もう一度ビブリオバトルを実践しました。2回目のビブリオバトルでは、発表時間を3分とし、ディスカッションタイムを削除することで、終了後に発表時間5分、ディスカッションタイムなどの公式ルールの意味を考える機会を設けました。公開講座の後半では、現在、全国各地で開催されているビブリオバトルの開催事例を紹介したのち、グループごとにビブリオバトルの開催企画案を作り上げました。それらのなかには、高校生の独創的なアイディアから生まれた開催テーマが数多く見受けられ、平准教授によれば、高校生が企画した開催案が実現すれば、ビブリオバトルのさらなる発展につながるとのことでした。

問い合わせ