ニュース

文教大学

2019.11.26イベント

【湘南校舎】湘南総合研究所が「ブルーフラッグサミット2019in鎌倉」を開催します

文教大学湘南総合研究所は、NPO法人湘南ビジョン研究所とNPO法人FEE Japanとともに「ブルーフラッグ ジャパンサミット2019 in鎌倉」を開催します。本イベントは、「ブルーフラッグ」をテーマにした日本初のシンポジウムで湘南総合研究所の共同研究事業の一つです。

「ブルーフラッグ」とは、国際NGO・FEEによる33項目の厳しい基準をクリアした一流のビーチに与えられる海辺の国際環境認証のことで、現在、日本におけるブルーフラッグビーチは、鎌倉市の由比ガ浜海水浴場を含む4カ所のみです。本サミットは、国内4都市のブルーフラッグビーチの取得事例の発表や、認証団体であるFEE Japanほか国や企業、アスリートとのパネルディスカッションを通じ、環境や観光、バリアフリーなど、ブルーフラッグ取得の意義と今後の展望を多面的に考えていく内容となっています。
「これからの日本の海はどうなるのか?」「私たちにできることは?」ブルーフラッグ取得の意義と今後の展望について考えます。


ー「ブルーフラッグ ジャパンサミット2019 in鎌倉」ー
【日時】 2019年12月1日(日)13:00〜17:00

【会場】 江の島ヨットハウス2階ホール(定員100人)
(藤沢市江の島1-12-2 / 0466-22-2128) ※小田急線「片瀬江ノ島駅」から徒歩15分 ※近隣に有料駐車場あり

【主催】
 ■NPO法人 湘南ビジョン研究所(湘南VISION大学)
 ■文教大学湘南総合研究所
 ■NPO法人 FEE Japan

【後援】
 鎌倉市、高浜町、神戸市、山武市、神奈川県、神奈川新聞、tvk、FMヨコハマ

【協賛】 由比ガ浜茶亭組合

【対象者】 100人(どなたでも参加可能)

【参加費用】 1,000円/人(資料代)小学校6年生以下無料

【内容】
1.基調講演:「国際環境認証ブルーフラッグとは何か」伊藤正侑子(NPO法人FEE Japan)
2.先進事例発表:「ブルーフラッグ認証取得の成果と課題」鎌倉市、高浜町、神戸市、山武市
3.パネルディスカッション:「ブルーフラッグ活動を広げるために、わたしたちができること」
4.交流会(軽食&ドリンク)※希望者のみ・交流参加費1,000円/人:先進事例を発表する4自治体のブース展示あり

詳細については以下のパンフレットを参照してください。(クリックするとPDFが開きます)

20191126_03_01.jpg

問い合わせ