ニュース&トピックス

文教大学

【湘南校舎】文教大学女子短期大学部 閉学式が執り行われました

3月30日掲載

3月24日(土)、湘南校舎におきまして文教大学女子短期大学部 閉学式が執り行われました。当日は1955年卒業の方をはじめ、約200名の卒業生の皆様にご出席いただき、遠くは鹿児島からも駆けつけていただきました。

閉学式式典では、学園を代表して渡辺孝理事長より式辞があり、閉学の経緯とこれまでの学園発展に対する多大な功績が讃えられました。続いて大橋ゆか子学長、浜脇麻起子芙蓉会会長よりご挨拶があり、ご来賓として谷井茂久茅ヶ崎市教育長からもご挨拶をいただきました。
卒業生の思い出として各学科より代表の方にお話していただきましたが、その中で児童科卒の高島ノブ様からは、夜間部の授業や寮生活での体験などをお話していただきました。当時の成績表などの思い出の品を披露され、涙と笑いを誘いながら話されていたのがとても印象的でした。
最後に、女子短期大学部の齋藤貴美子学部長より閉学式にご出席された方々や関係の皆様すべてに対して謝辞が述べられ、式を終えました。

閉学レセプションは、女子短期大学部の伝統を継承する健康栄養学部の中島滋学部長のご挨拶で始まりました。卒業生の皆様は、和やかな雰囲気の中で学生当時に戻って楽しそうに歓談されていました。
途中、湘南校舎の学生たちによるアトラクションがありました。吹奏楽部の格調高い演奏と和太鼓サークル「楓」の躍動感あるバチさばきが会場を大いに盛り上げました。
ご退職された女子短期大学部の先生方からも思い出を語っていただきました。中でも元英語英文科の木名瀬信也先生は、当時のことを思い出して熱弁されていました。

年度末の土曜日にもかかわらず、多くの卒業生の方々にお集まりいただきました。1953(昭和28)年に設立以来、59年になりますが、未だ衰えない卒業生の思いに女子短期大学部のブランド力を感じました。

〔閉学式式典〕13時30分開式  於:湘南校舎 1101教室


〔閉学レセプション〕15時30分開会  於:湘南校舎 学生食堂2階


問い合わせ