ニュース&トピックス

文教大学

【越谷校舎】文学部英米語英米文学科の4年生が第二言語習得研究を行う国際学会に参加し、ポスター発表を行います

8月26日掲載

文学部英米語英米文学科平川眞規子ゼミナールに所属する有志の研究チームが、このほど、10月13日~16日に米国アイオワ州立大学にて開催予定の『第二言語研究フォーラム2011(Second Language Research Forum 2011)』で、研究成果を発表することになりました。

この学会は、主に第二言語の習得に関する理論や実証的な研究について、最新の研究成果が発表される国際学会です。世界中から集まる参加者や発表者の多くは研究者や大学院生であり、学部生が主体の研究チームが発表できるのは稀なことです。

平川ゼミの研究チームは、昨年10月にメリーランド州立大学で開催された同学会でも「条件文の第二言語習得」というテーマで初めて口頭発表を行いました。今年度は「英語の心理形容詞の習得」をテーマに、ポスターセッションと、昨年に引き続き2年連続で発表者として参加します。

文学部英米語英米文学科平川ゼミの研究チームの代表者は、
「とても貴重な機会をいただいたので、文教大学の代表として、精一杯研鑽に努めます。また、研究内容の詳細については、学会発表後にお知らせいたします。興味のある方は、第二言語研究フォーラム2011のHPをご覧ください」と話しています。

【第二言語研究フォーラム2011のHP】 http://apling.public.iastate.edu/slrf2011/ 


問い合わせ