ニュース&トピックス

文教大学

【湘南校舎】幼稚園教諭の研修会で、文教大学の学生が東日本大震災のボランティア活動報告をしました

8月29日掲載

宮城県石巻市や南三陸町でボランティアを継続して実施している「文教ボランティアズ」の学生が、8月26日、 品川区立の中小企業センターで行われた品川区私立幼稚園協会の研修会で、震災ボランティアの体験談を発表しました。

この日発表したのは、文教ボランティアズに所属する国際学部の1年生~4年生の6名です。3月末から被災地で続けられている活動のほか、神奈川県内の自治体や商工会議所と共同で行っている活動を写真などを示しながら全体発表しました。その後、6つのグループに別れて、より具体的な事例を踏まえ、質疑応答を行いました。

質疑応答では、被災地での地元小・中学生との交流について、ボランティアとしてどのような思いで接したかなどの質問が出るなど、出席した約80名の幼稚園の先生は、熱心に聞き入っていました。
発表を行った国際学部3年の菊池充さんは、「震災後5カ月が過ぎた今、幼稚園の先生の前で、このような発表の機会をいただき、自分たちの活動を振り返るいい機会になり感謝しています。今後も継続して、ボランティア活動を行って行きたいと思います」と話していました。

「文教ボランティアズ」に関連する参考記事

・文教ボランティアズ 大震災被災者支援募金を開始 3/16
http://www.bunkyo.ac.jp/newstopics/2010/newstopic97.htm
・-東日本大震災から2 カ月-被災者支援ボランティア活動報告会を実施-文教大学湘南校舎 5/16
http://www.bunkyo.ac.jp/gakuen/press/2011/20110516_63.pdf

問い合わせ